タグ別アーカイブ: 足場

足場が必要な工事とは

リフォーム工事の場合、足場が必要となる工事は外壁と屋根が絡む工事が主ですが、ベランダの付いている窓以外の高所の窓をリフォームするときにも、基本的には足場が必要となります。

足場が必要な工事としては、外壁・屋根はもちろんですが、雨どいの交換・修理、破風や軒天の工事、太陽光発電システムの取り付けなどがあります。

また、屋外だけでなく室内で足場が必要となるケースがあります。たとえば、大きな吹き抜けのある玄関ホールの壁や天井のクロスの張り替えや、枠まわりの塗り替えリフォームの時です。

室内の足場は外壁面に掛ける足場とは違い、簡易で価格も安いのですが、それでも1回掛けたら最大限に利用するように心掛けて下さい。

たとえばですが、高所にあって電球の交換がしにくい照明器具を手の届きやすい位置に移動するとか、高所の窓(天窓やFIX窓など)に電動式で開閉するブラインドを取り付けておくなどしておくと快適な暮らしが広がります。

リフォームはしっかりと計画を立てて行うことが損をしない、つまり二度手間・2重払いをしないコツなのです。無計画にリフォームを重ねていくと、次のリフォームで大きな費用を要したり、住みにくい家ができてしまうことがあるのです。これを継ぎ足しリフォームというのですが、本来払わなくてもよい費用を発生させることが度々あるのです。これをトータルで計算してみると驚くほどの大きな金額になってしまっているのです。また、費用面だけでなく、仕上がりも汚くなってしまうというような結果にもなりますのでご注意下さい。