タグ別アーカイブ: 自然エネルギー

太陽光発電リフォームはホントに良いの?(2)

太陽光発電リフォームした場合、どれくらいの電気がまかなえるのか気になるところですが、太陽光発電で大切なのは日射量なのです。しかし、これは住んでいる地域や、屋根の陽当たりによっても違うので、一概にいくらということは言えないのです。

電気メーカーのシャープが発電量のシミュレーションした数字なのですが、横浜市の場合を試算してみると、冬で現在の使用電力の約50%、夏場で約70%、年間平均で約60%をまかなえるという回答がありました。

例えば、現在の年間電気料金が180,000円の場合でしたら、約108,000円が発電でき、支払う年間電気料金は約72,000円ということになります。たとえ太陽光だけで全ての電気を賄うということが無理でも、かなりの割合で電気を賄えるということなのです。

発電効率が一番高いのは、日当たりのいい南側の屋根に取り付けることですが、東や西でも南面の約85%の発電を期待することができるのです。

そして太陽光発電の命とも言えるのが、光から電気への変換効率なのです。変換効率が高いということは、それだけたくさん発電できるということなのです。

住宅に使われる太陽電池には、単結晶シリコン、多結晶シリコンなどいくつかの種類があり、単結晶シリコンのほうが高効率なのですが、その分単価も高くなるというデメリットもあります。

しかし、狭小住宅などで、屋根が小さい場合には、やはりその分発電量が少なくなります。そこで、変換効率が高い太陽光システムを選び、発電効率を上げる工夫をすることが大切なのです。

太陽光発電リフォームはホントに良いの?

太陽光発電リフォームを計画するとき疑問に思うことは、停電時に役立つのか、どれくらいの電気が賄えるのか、どんな家でも取り付けリフォームはできるのかといったことについて考えていきます。

太陽光発電リフォームをすれば、停電時に便利なのでは、と思いつくのですが、実際に太陽光発電の設備があれば停電の時も電気を使うことができるのですが、いくつかの条件があるのです。

まず、自立運転機能が付いていること、そして自立運転用コンセントがあることなのです。太陽光発電は、停電時に自立運転モード(自立運転モードとは、電力会社の電源から独立し、自分の家で自立させる状態のこと)へ切り替えることで、電気が使えるようになるのです。

ただし、停電時に使えるのは自立運転用コンセントだけで、他のコンセント、照明器具、家電製品は使うことができません。また使えるのは発電している昼間だけで、夜間は使うことができないのです。

また自立用コンセントの電気容量の上限は1,500Wですので、消費電力の大きな電気製品には使うことができなのです。

しかし、携帯電話やスマートフォン、タブレットなどの充電、テレビ、小型電子レンジ、充電式乾電池の充電などは使えますので、太陽光発電は停電時に役立つ設備と言えると思います。

ところで、太陽光発電リフォームは、どんな家でも取り付けることができるのかというと、いろいろな条件があるのです。

一番大切なのは、太陽光発電リフォームは、日当たりが悪い家には不向きなのです。理由は簡単で、発電効率が悪いため昼夜を問わず、電力会社の電気を使わなくてはなりませんので、電気代が今までよりも多く掛かる場合もあるので、施工業者さんとよく相談して取り付けるようにして下さい。

太陽光発電リフォームのトラブル対処法(2)

太陽光発電リフォームは、電力不足などにより人気があるのですが、人気がある分トラブルも多いのが現状なのです。

太陽光発電システムのリフォームでは、保証に関するトラブルも意外に多くあるのです。たとえば、太陽光発電リフォームをしたが、しばらくして雨漏りがしてきたので、施工店に10年保証だからと申し入れたが、保証外だと言われた。というケースです。ここで注意することは、システム機器本体の保証はメーカー保証、工事に関する保証は施工店保証となっていることが多くあります。また、10年保証は機器だけで工事には全く保証が付いていないというケースもあるのです。

保証には、保険の加入によって工事保証がされるケース、メーカーが行う研修の修了者が工事を行った場合のみ保証するケースなど様々で、落雷などの自然災害で故障した場合の保証の有無や、有償か無償かも違いますので、保証内容をしっかり確認することが大切なのです。

メーカーが行う研修の修了者に発行されているのが“施工ID”と呼ばれるもので、施工IDを取得するには、メーカーが主催する23日間の講習を受けるのですが、施工IDを持った施工者もしくは施工業者が工事することが保証の条件になっているメーカーも多いので確認することが大切なのです。

また新築10年間の保証期間中に、別業者でリフォームしてしまうと、不具合が起きても当初の保証範囲外となりますので注意が必要です。

太陽光発電の機器は部品によって寿命が違いますので、保証期間とメンテナンス費用をしっかり確認することも大切なのです。

太陽光発電リフォームのトラブル対処法

昨今の電力不足が引き金となり、太陽光発電リフォームに人気が集まっていますが、それに伴いトラブルも増えているのも現状なのです。国民生活センターによると、トラブル件数は増加傾向にあるということです。中でも訪問販売に関するものが多くあるということです。

太陽光発電リフォームでよく聞くのが、売電で得をすると聞いたが、思ったように発電せずに売電できないとか、リフォーム後に雨漏りがするようになったので業者に言ったら、保証範囲外だと言われた。太陽電池は半永久的にもつと言われたが、メインの機械が10年で故障した。などです。

国民生活センターに寄せられた太陽光発電システムに関するトラブル相談のうち、8割が訪問販売に関するもので、中でも多いのが、「これから電気代がタダになります」などの過剰なセールストークで強引に契約を迫られ設置したが、思うような発電量にはならず、全く元が取れないというトラブルなのです。

太陽光発電リフォームを行う際は、訪問販売ですぐに決めるのではなく、信頼できる業者に依頼をすること、更に複数の業者に見積もりを依頼して比較検討する「相見積もり」を取るのがよい方法なのです。

太陽光発電は、住んでいる地域、屋根の面積・形状、方位、日当たり、設置するシステムの種類によって発電量が変わってきます。そこで、自分の家の場合の電気代削減量や、設置費用の元をとるのに何年かかるかなど、各業者にしっかりシミュレーションをしてもらうことをお勧めします。

また、太陽光発電リフォームの際には、家全体の耐震診断や屋根の健康診断も合わせて行うとよいでしょう。

太陽光システムの重量は金属屋根の重量とそれ程変わりませんが、1981年以前の旧耐震基準の家は耐震リフォームを先に、屋根が劣化していたら修繕を先に済ませることが肝心です。

自然エネルギーの基礎(2)

再生可能エネルギーとして注目されているのが太陽エネルギーです。そこで、この太陽熱利用の設備機器について考えていきます。

太陽熱利用の設備機器には、集熱器と蓄熱槽が分離しているソーラーシステム(太陽熱高度利用システム)と集熱器とお湯を貯める機器が一体化している太陽熱温水器があるのです。また、水を温める“水式”と空気を暖める“空気式”とに分類することができるのです。さらに水式には、自然循環型と強制循環型の2種類があります。

機器が一体化している太陽熱温水器は、集熱器と貯湯槽との間を対流により自然に水を循環することで温められる“自然循環型”は、比較的簡単な構造ですので価格も抑えられ、多く普及しているタイプなのです。

一方、強制循環型は、屋根に設置された集熱器と、地上に置かれた蓄熱槽に分類しているソーラーシステムのことで、集熱器と蓄熱槽の間で水や不凍液を強制的に循環させますので、屋根への負担が軽いというメリットがあります。

最近のシステムには、給湯だけでなく床暖房や冷暖房に利用できるものや、太陽光発電モジュールと一本化して、発電と集熱を同時に行うタイプなど色々なものが提案されています。

住宅の屋根に乗せられる集熱器の形状には、平板型集熱器と真空管型集熱器があります。

平板型集熱器は黒色で平板の集熱面に、直接、水や不凍液を接触させるもので、構造がシンプルなので、価格は比較的安価なのです。一方、真空管型集熱器は、真空のガラス管の中に、熱媒を通す管と集熱板を設け、複数並べたものなのです。

太陽熱利用の機器の多くは、新築だけでなく、既存の住まいにも設置することが可能なのですが、築年数や屋根の形状によっては取り付けられない場合もありますので、設置する際には、建物全体を確認して検討することが大切なのです。

自然エネルギーの基礎

地球環境問題への関心の高まり、原油価格の高騰、また昨今の原発再稼働不認可に伴い日本のエネルギー事情は厳しいのが現状です。そこで、再生可能エネルギーとして注目されているのが太陽エネルギーです。

太陽エネルギーを利用する方法にはいくつかの種類があるのですが、違いがわかりにくいのが“太陽光発電”と“太陽熱利用”で、太陽熱利用には太陽熱温水器やソーラーシステムなどの機器があります。

太陽光発電は、太陽が持つエネルギーを太陽電池で直接電気に変えるシステムのことで、太陽電池を屋根などに設置して、発生する直流の電気をパワーコンディショナで交流に変換して使用するのです。電気が余った場合は電気を売ることができるのですが、夜間や雨天の場合は電気の供給を受けることになります。

太陽熱利用(ソーラーシステム・太陽熱温水器)は、屋根など設置した太陽集熱器で太陽の熱エネルギーを集め、水や空気などを暖めるもので、給湯や冷暖房に利用することが可能です。曇りや雨などで太陽熱が利用できない場合に備えて補助熱源(給湯器など)を設置します。

太陽熱利用のシステムは、太陽熱を集める集熱器、熱を蓄える蓄熱槽、熱を輸送する配管、熱変換器や断熱材などで構成された比較的シンプルなものなのです。1980年代に開発され広く普及したため、実績の多い機器なのですが、一時期、下火になったのですが、最近になって再び注目されてきているのです。

太陽光発電などと比較してエネルギー変換効率が高く、太陽光発電では、太陽エネルギーの10%程度の利用と言われているのですが、太陽光を熱に変える場合は40%以上のエネルギー利用が可能なのです。また、設置費用も比較的安価という点も魅力といえるのです。

太陽熱利用の基礎(2)

太陽熱利用の設備機器には、集熱器と蓄熱槽が分離しているソーラーシステム(太陽熱高度利用システム)と集熱器とお湯を貯める機器が一本化している太陽熱温水器があります。

また、水を温める水式と空気を温める空気式とに分類することもでき、水式には、自然循環型と強制循環型の2種類があります。

機器が一体化している太陽熱温水器は、集熱器と貯湯槽との間を対流により自然に水を循環することで温められる自然循環型なのです。比較的簡単な構造なので価格も抑えられ、多く普及しているタイプなのです。

強制循環型は、屋根に設置された集熱器と、地上に置かれた蓄熱槽とに分離しているソーラーシステムのことで、集熱器と蓄熱器の間で水や不凍液を強制的に循環させるので、屋根への負担が軽いことがメリットなのです。

空気式は、暖められた空気を送風機ユニットで床下に送り、床下の蓄熱材に蓄熱させ室内に入れ暖房するもので、蓄熱槽の水を熱交換器で温めてお湯にします。水漏れや凍結の心配がないのが特徴なのです。

最近のシステムには、給湯だけでなく床暖房や冷暖房に利用できるもので、太陽光発電モジュールと一体化して、発電と集熱を同時に行うタイプなども提案されているのです。

住宅の屋根に乗せられる集熱器の形状には、平板型集熱器と真空管型集熱器があります。

平板型集熱器は黒色で平板の集熱面に、直接、水や不凍液を接触させるもので、構造がシンプルですので価格は抑えめです。一方、真空管型集約器は、真空のガラス管の中に、熱媒を通す管と集熱板を設け、複数並べたものです。

太陽熱利用機器の多くは、新築だけでなく、既存の住まいにも設置することが可能ですが、設置する際には、建物全体を確認して検討することが大切で、築年数や屋根の形状によっては不可能な場合もありますので注意がして下さい。

太陽熱利用の基礎

地球環境問題、原発の再稼働の不認可など、エネルギーに関する話題は連日のように途切れません。そこで、いま再生可能エネルギーとして注目されているのが太陽エネルギーなのです。

太陽エネルギーを利用する方法にはいくつかの種類があるのですが、違いが分かりにくいのは、太陽光発電とソーラーシステムや太陽熱温水器などの機器なのです。

太陽光発電は、太陽が持つエネルギーを太陽電池で直接電気に変えるシステムのことなのです。

太陽電池を屋根などに設置して、発生する直流の電気をパワーコンディショナで交流に交換して、使用するのです。電気が余った場合は電気を売ることが可能なのですが、夜間や雨天の場合は電気の供給を受けることになるのです。

太陽熱利用機器には、ソーラーシステムや太陽温水器があります。屋根などに設置した太陽集熱器で太陽の熱エネルギーを集め、水や空気などを暖めるもので、給湯や冷暖房に利用することができるのです。また、曇りや雨などで太陽熱が利用できない場合に備えて補助熱源(給湯器など)を設置します。

太陽熱利用システムは、太陽熱を集める集熱器、熱を蓄える蓄熱槽、熱を輸送する配管、熱変換器や断熱材などで構成された比較的シンプルなもので、1980年代に開発され普及、実績の多い機器ですが、最近になって再び注目されています。

その理由の一つは、太陽光発電などと比較してエネルギー変換効率が高いことなのです。太陽光発電では、太陽エネルギーの10%程度の利用と言われていますが、太陽光を熱に変える場合は40%以上のエネルギー利用が可能で、設置費用も比較的安価と言う点も人気のひとつなのです。

自然エネルギーでエコライフ(2)

新しい発想で生まれた“Solael(ソラエル)”には、自然エネルギーを活用した太陽光発電ならではのメリットがいろいろあるのです。

そのひとつに、地球温暖化の一因と言われている二酸化炭素排出量を年間約52%削減することができるのです。ちなみに、これを石油消費量に換算すれば18L缶に換算すると、42缶分に相当するのです。

また、停電時には自動的に運転停止しますが、手動で自立運転に切り替えることで、太陽光発電中はその電気を家庭で使うことができますので、停電時に家庭の非常用電源として使えますので、いざというときも安心なのです。

さらに、“Solael(ソラエル)”をオール電化と組み合わせることで、光熱費が大幅に節約することができるのです。

Solael(ソラエル)”は日中に使用量を上回る発電量を得られた場合、余った電気を契約の電力会社に自動で売ることができます。現在の発電量や家庭内での消費電力、電力会社への販売電力量、CO2削減量などを、一目で把握できるカラーモニターが標準装備されていますので、毎日の発電状況がすぐにわかる仕組みになっています。

発電した電気を電力会社に販売している時も、その電気量を目で見て確認することができますし、その時々に家庭内で消費されている電気量もすぐさま確認でき、使いすぎると色の変化と点滅で教えてくれるという便利な機能もあるのです。

太陽光パネルは、日射量の多い方角へ設置することが理想ですが、“Solael(ソラエル)”は車の出入り方向と架台の傾斜方向を組み合わせることで現場環境に合った設置が可能なのです。また、ソーラーパネル出力と、太陽光発電システム周辺機器に対して、10年保証は付いていますので、安心して使うことができます。さらに、戸外に設置させる太陽光発電システムは、継続的なサポートによって、その性能を末長く維持することができるのです。

自然エネルギーでエコライフ

身近な自然エネルギーといえば太陽の光です。その太陽の光を活かそうという発想から生まれたのが“Solael(ソラエル)”なのです。

Solael(ソラエル)”はカーポートの屋根にソーラーパネルを搭載するのです。つまり、カースペースを利用した太陽光発電が、新しい時代のエコライフを実現するのです。

長期化する原発再稼働、そんな中、自然エネルギーである太陽光発電を暮らしの中に取り入れたいという方は多くいます。

いまでは戸建てのソーラー住宅は少なくありませんが、従来のシステムでは、旧家の瓦屋根や、破風、出窓など複雑な形状を持つ屋根では、太陽光発電システムを設置できないケースが意外と多くあるのです。そこで“Solael(ソラエル)”は、建物の屋根の上の太陽光パネルという既存の常識を打ち破り、カースペースを利用して発電するのです。

ソーラー住宅に比べ、カーポートの場合は太陽光発電パネルを設置する屋根も低いですので、施工やメンテナンスが手軽に行えますので、工事のための費用も抑えることができますし、工事の音や振動が気になることもありません。さらに建物の美観を損なうといった心配もなにです。

カーポートのためのスペースと十分な太陽光さえ確保できれば設置は可能なのです。つまり、いま、もっとも手軽に始められる太陽光発電システムのひとつとして、注目を集めている太陽光発電システムであり、カースペースを利用した発電という新しい発想でこれからのエコライフを実現する、新発想のソーラーシステムなのです。