タグ別アーカイブ:

窓の断熱と遮熱の関係とは(2)

省エネが騒がれている昨今ですが、住宅の省エネ化リフォームは窓廻りがポイントなのです。とくに断熱性・遮熱性を高めることは快適な暮らしを手に入れることなのです。ところで、断熱と遮熱の違いですが、断熱は、熱や冷気が伝わって入ってきたり逃げたりするのを防ぐことで、遮熱とは、熱を跳ね返すことをいいます。

冬の寒さの主な原因は、外から侵入してくる冷気ですから、断熱を中心に対策すれば快適になります。夏の暑さの主な原因は、日射熱による蓄熱とその照り返し(輻射熱)によるものですから、まずは外からの日射熱を跳ね返すよう遮熱を中心に対策し、そして外から熱が侵入しないよう合わせて断熱対策リフォームもしておくことが大切なのです。

つまり、窓の省エネリフォームとは、窓の断熱プラス遮熱性能を上げることなのです。こうすることにより、夏涼しく、冬暖かくすることができますので、冷暖房費を節約して、四季を通じて省エネに快適に暮らすことができるようになるのです。

窓そのものの性能をアップするリフォームも、最近では手軽にできるようになってきています。たとえば、リフォーム用エコガラスを使えば、今あるサッシのガラスだけを高性能な省エネガラスへ交換することができるのです。

エコガラスとは、2枚のガラスの間に特殊な金属膜を入れたガラスで、熱の出入りを防ぐ断熱+夏の日射熱を跳ね返す遮熱という2つの性能を併せ持った省エネガラスなのです。

マンションでも、平成16年にマンション標準管理規約が改正になり、窓のガラスを省エネガラスへ交換するリフォームが認められるようになっていますので、各マンションでも交換しやすくなっていますが、各マンションの管理組合に確認して下さい。

窓の断熱と遮熱の関係とは

家づくりにおいて、寒さや暑さの対策として冷暖房システムについて考えることはありますが、窓の断熱・遮熱というのはなかなか考えることは少ないのではないでしょうか?

住まいの断熱の基本は、断熱材を厚くする、開口部を断熱する、気密性を高めるといった3つのことがらなのです。この3つの施工をすることにより、冬暖かく、夏涼しい生活を営むことができるのです。そこで、この3つの中の開口部を断熱するということについて考えていくことにします。ところでこの開口部とうのは窓ガラスや窓枠といったものを指しています。 

窓の特性として、窓を開け閉めしなくても夏には外の熱が7割入り込み、冬には約半分の熱が逃げていってしまうのです。したがってきちんと断熱されていなければ冷房も暖房も効果が半減するのです。効果を発揮するには、それなりのガラスを使わなければ機能を満たすことができないのです。

ではそれなりのガラスとは一体どういったガラスなのでしょうか。一般的にはエコガラス(LowEガラス)といわれるものなのです。エコガラスには断熱タイプと遮熱タイプがあり、建物の方位によって使い分けをするのです。

断熱タイプと遮熱タイプをどう使い分けるかいうのはとても簡単で、LowE膜は片面が金属膜になっていますので、その金属膜を室内側に貼れば断熱タイプ、屋外側に貼れば遮熱タイプなるのです。

一般的に断熱タイプは寒冷地、遮熱タイプは夏の暑い地域でおすすめです。ただその地方特有の気候も考え、南の日差しや西日の暑さ、さらに北側の窓の冷えを防ぐなど、窓の方角も考慮して使い分ける必要があるのです。

効果的な通風とは(4)

自然の風が通り抜ける住まいは、住んでいて心地よいものがあります。ところで、風通しのよい住まいづくりで忘れてはいけないのが、敷地の特性と周辺の環境を把握することなのです。家を建てる敷地の風の流れ、季節による変化などを調べておくことが大切なのです。また、せっかく窓を設けても、隣家が迫っていたり、塀に囲まれていて風が通り抜けにくいといったケースもあるのです。窓の配置は環境を考慮してプランニングするのが基本なのです。

たとえば、通風を確保するために中庭を設け、敷地全体に風が通り抜けるようにしたり、風通しのよいフェンスの形状を選ぶなどの方法も必要になってきますので、住まい全体をトータルで検討することが重要なのです。

しかし、窓を上手に配置しても、住まいの中が風を遮るようなプランになっていては意味がないのです。取り込んだ風を効果的に行き渡らせるには、出来る限り開放的な間取りとするのが理想なのですが、室内建具やドアなどは必要なものですので、取り付けないという訳にはいかないのも現実なのです。そこで、開け放すことができる引き戸タイプにしたり、開閉できる欄間付の建具を取り入れるなどの工夫により、家の中に風が通り抜けるような住まいを実現することができるのです。また、バスルームや洗面所などの水回りや納戸といった場所は、ガラリ付の建具を使用するのも一つの方法なのです。

また、部屋を仕切る際には、可能間仕切りとして開放できるようにしたり、格子ルーバーなどで緩やかに仕切るというプランもあるのです。さらには、階段に蹴込み板がないものを選んで、出来る限り空気が滞留しないようにするなど、部屋全体に風が通るようなプランニングを心がけることが大切なのです。

効果的な通風とは(3)

出来る限り自然の風を取り込み、環境にもやさしく、快適な暮らしを楽しみたいと思っている方は少なくないと思います。風通しのよい住まいは、快適なだけでなく、湿気を防ぎダニやカビの発生を抑える効果もあるのです。空調や換気扇といった設備機器のプランニングも大切なことですが、効率のよい通風を確保するためにはどのような開口部や間取りのプランにすればよいのか考えていくことにします。

自然の風を上手に取り入れるためには、大きな窓をひとつプランニングすればよいというものではないのです。いくら大きな開口部を設けても、出口がないと風は通り抜けてくれないのです。新鮮な空気を取り込むためには、汚れた空気を排出することが必要となるのです。つまり、風がスムーズに流れるような入り口と出口を確保するということが大切なのです。

基本は、入り口と出口なのです。ふたつの窓を風が流れやすいように、部屋の対面に設けることがポイントとなるのです。できれば入り口と出口がある程度離れている方がよいのです。また、上下に開口部を設けることでも風は通り抜けやすくなるのです。暖かい空気は上部の開口部から抜けますので、天井近くに設けた窓やトップライトなども効果的といえるのです。こう考えると、水平(横方向)の通風プランだけでなく、垂直(縦方向)のプランも考える必要があるのです。

設ける場所によって、窓に必要な機能を検討することも大切なのです。たとえば、デッキにつながる窓には、大きな掃出しタイプを設け、たくさんの風を取り込むのもよいですし、洗面所や浴室などには、ルーバー窓や突出し窓などを設けてもいいのです。このように、さまざまな形状の窓がありますので、場所に合わせたタイプを選ぶようにすることが大切なのです。

効果的な通風とは(2)

風の通り道を確保するといっても簡単にはできない場合があります。そこで、メーカーの商品にはあらかじめ上下に開口部を設けて風を通す工夫をした窓サッシなどが提案されています。縦に細長い窓の上下が開閉でき、また、スリットを設けるなどして通風を図るものです。湿気が溜まりやすい洗面室などに設置するのが最適だと言えます。

風通しのよい住まいづくりで忘れてはいけないのが、敷地の特性と周辺環境なのです。事前に、敷地の風の流れや季節による変化などを調べておくことが大切なのです。また、せっかく窓を設けても、適した形状でない場合、風を取り込むことがでいない場合もありますので、窓の位置や形状は、環境を考慮してプランニングすることが重要と言えるのです。

メーカーからは、引き違い窓では取り込むことができない流れの風を、縦型の滑り出し窓を設けることで、室内に風を呼び込むなどの提案もされているのです。開いた窓障子が風を受け止めるため、風を取り込む効果が高いといえるのです。

また、吊元を工夫することで、スムーズに風を取り込むことができるのです。スリムな縦滑り出し窓をFIX窓などとつなげて連窓としたり、滑り出し窓を縦に並べた商品などもあります。

風を取り込む機能を重視した窓サッシは、各メーカーから提案されていますが、周辺環境や間取りプランを十分に検討し、適材適所に取り入れることが大切なのです。 

また、窓だけではなく、玄関扉や勝手口扉でも通風可能な商品が提案されていますし、室内建具で風を通す扉や欄間なども増えてきているのです。住まい全体をトータルに考慮し、それぞれを設置した場合の効果などを設計担当者に確認しつつプランニングすることが大切なのです。

効果的な通風とは

自然の風を取り込んで、心地よく暮らしたいと思うのは誰しも同じなのです。風通しがよく、新鮮な空気を取り入れることができる住まいは、快適さはもとより湿気を防ぎ、建物本体の健康を守るのです。

効率的な通風を確保するためには、間取りはもとより開口部のプラン、建材選びも重要となってくるのです。最近では、窓サッシメーカーから風を効率的に取り入れる工夫を施した窓サッシなども提案されているのです。そこで、通風の基本と通風窓や採光窓などとも呼ばれる窓サッシはどのようなものか考えていきましょう。自然の風を上手に取り入れるためのプランニングの基本を考えていくことにします。

風通しをよくし、効率的に換気を行うためには、風の入り口と出口をきちんと作るということが大切なのです。いくら大きな窓を設けても、入り口だけでは風が通り抜けることはできないのです。たとえば、自動車の窓を思い浮かべて下さい。あれだけのスペードで走っている自動車の窓を一か所だけ開けても車内に入ってくる風はそれほどでもないという経験はありませんか?つまり住まいも同じことなのです。

住まいの場合、入り口と出口を対面する位置に配し、ある程度、離れているほうがよいのです。またどちらかを高くし、もう一方を低くすると、風の流れが生まれてくるのです。

しかし、間取りによっては、ひとつの壁面しか開口部を設けることができないケースもでてきます。その場合は、上下に開口部を設けることで風は抜けやすくなるのです。暖かい空気は上部の開口部から抜けますので、天井近くに設けた窓やトップライトが効果的なのです。つまり、床面近くと天井近くに入り口と出口を設け、風が流れる工夫をすることがポイントなのです。

内窓の考え方(2)

断熱効果が高い内窓ですが、素材は樹脂製が多くみられるのが特徴で、樹脂はアルミよりも熱伝導率が低い素材ですので、断熱効果に優れていますし、結露の発生も防ぐことができる素材なのです。

また、窓の形状のバリエーションも増えてきており、引き違い窓(窓タイプやテラスタイプ)はもちろんですが、滑り出し窓やFIX(はめ殺し窓)窓、テラスドアなどがあり、また、浴室の内窓も出てきていますので、寒い冬場の温度差を軽減することができるのです。

室内側に取り付ける内窓は、インテリアの印象をも左右してしまいますので、最近ではカラーバリエーションも豊富に揃っており、ホワイトからナチュナルな木調やダークブラウンなどがあり、和室にも馴染むタイプもありますので、室内イメージに合わせて選ぶことができるのです。

もちろん一戸建てでもマンションでも取り付けが可能ですが、管理組合への届け出が必要な場合もありますので、事前に確認をしておくことが大切です。

内窓の商品の多くは、比較的簡単に取り付けすることが可能ですので、ひとつの窓が、1時間程度で完了するものもあります。また住みながらリフォームすることができますので、工事中に気を使うこともあまりありません。

工事を依頼する際には、必ず見積もりを確認するようにして下さい。できればショールームで実際の商品を確認することが望ましく、断熱や防音性能を確認できるところもありますので利用してみて下さい。

最後に、内窓はメリットも多い優れたアイテムと言えますが、窓が2枚になるわけですから、日々の開閉や窓拭き掃除の手間などが増えると言うことを理解しておいて下さい。

カテゴリー: | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

内窓の考え方

住まいの断熱性能を高めるには、窓などの開口部の断熱が大切なのです。そこで、断熱性をアップさせ、エネルギー消費を抑えることを目的に、窓のリフォームを検討する方も増えてきているのです。窓の断熱改修のためには、ガラスの交換・内窓の新設・窓交換などの方法があるのですが、最近注目されているのが、既存の窓に内側に新しい窓を新設する内窓リフォームなのです。

内窓とは、既存の窓(アルミサッシや木製窓)の内側に設置する窓のことで、既存のサッシはそのままですので、大掛かりな工事を伴わずに取り付けることができるのが特徴なのです。窓サッシが2枚ある状態から、二重窓と呼ばれることもあります。この二重窓は、複層ガラス・ペアガラスなどとは異なり、二重窓は、サッシ(ガラス戸)が2枚設置された状態のことをいいます。

内窓を設置することにより、なぜ断熱性能がアップするのか疑問に思う方も多いと思います。内窓を設置すると既存の窓と新規の内窓の間に空気の層が生まれるのです。この空気の層があることによって、外気温の影響をうけにくくなりますので、断熱性が高まり、結露の発生も軽減できるのです。断熱性がアップすることにより、冷暖房費の節約になり、CO2排出量も削減できるのです。また空気の層があることで、防音性能のアップも期待できるのです。さらに防犯面においては、窓やクレセントが複数ありますので、空き巣によりガラス破りの抑制効果も期待することができるのです。

また、内窓に用いるガラスを、機能ガラスとすることで、より性能を高めることも可能になるのです。たとえば、西日の強い部屋などであれば、遮熱効果もある遮熱複層ガラスや断熱効果の高い高断熱複層ガラスなどにするとより一層の効果を期待することができるのです。

天窓の設置と選び方講座(3)

天窓は、通風性と採光性に優れており、省エネにも貢献してくれる優れものなのですが、サイズもさることながら、日射熱卓作と明るさをコントロールできるようにしておかなければいけないのです。

天窓を設置する上で、忘れてはいけないのがブラインドなのです。なにも南面に設置した場合だけでなく、どの方角に設置しても併用しておかなければならない設備なのです。主な役割は日射熱対策なのですが、採りこむ光の量が調節できるのもブラインドの効果なのです。

しかし、このブラインドですが、さまざまなタイプがありますので、取り付ける部屋や目的によって選ぶようにするのがポイントなのです。

たとえば、昼間の滞在時間が長いリビング・ダイニングでしたら、日差しを和らげて拡散光に変えるタイプがおススメですし、寝室の場合は、遮光性の高いタイプがよいのです。また、水回りや浴室に取り付ける場合は、羽根の角度や昇降で光の量を微調整できるタイプがよいのです。このほか高い位置に取り付ける場合は、リモコンで操作できる電動タイプが便利なのです。

よく、ブラインドを下ろすと通風の邪魔になるのではと疑問に持つ方が多いのですが、確かに、一般的な天窓のブラインドは額縁に設置されており、下ろすと開口部を塞いでしまいますので、風邪を通すことができないのですが、ベルックスのブラインドはすべて天窓内側のサッシに付いていますので、通風を遮ることなく光の量をコントロールできるのです。

光と風を効率よく取り込むには、設置する場所に合わせた天窓選びが大切なのです。もちろん、地域も部屋も取り付ける目的も、ご家庭によって色々ありますので、よく検討されることが望ましいのです。

カテゴリー: | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

天窓の設置と選び方講座(2)

天窓は、通風性と採光性に優れており、省エネにも貢献してくれる優れものなのですが、効果的な通風と明るさを得るために必要なサイズとなると迷ってしまうことが多くあるのです。

まず、効果的な通風を得るには、風の入り口と反対側に出口を設けなくてはいけないのです。この条件でサイズを考えたとき、天窓の換気面積は設置する部屋の床面積の3%くらいが目安となるのです。

もしこれが壁面の窓であった場合、床面積の10%程度が必要となるのです。こんことから見ても、天窓がいかに通風性に優れているかわかるのです。しかし、その一方で、採光を考えた場合、天窓の総面積は照らしたい床面積の10%程度が目安になってくるのです。またこのサイズの場合でしたら、室内でも自然光で充分な明るさが得られるのです。

設置する際のポイントですが、設置する際は、複数の天窓を並べて連窓とするのも一つの方法なのです。この場合、通風より採光目的の方が必要な天窓面積が大きいため、開閉型とフィックス型を組み合わせると、通風と明るさ、そして開放感を同時確保することができるのです。

天窓を採用する際、取り付ける位置にも法則があるのです。方角が南面か北面かということで意見が分かれるのですが、両方ともアリなのです。これは採光の面だけでなく、北風を取り込みやすいというメリットがあるためです。ただし、日射熱対策が不可欠となりますので、遮熱・断熱ペアガラスやブラインド付きのものを選ぶようにして下さい。

また、通風を考えるとき、卓越風をいかに利用するかも大切なのです。卓越風とは、季節や地域、時間によって吹く、その場所特有の風のことで、この風向きまで考慮して天窓を設置すれば、効果的に風を通すことができるのです。

カテゴリー: | タグ: | 投稿日: | 投稿者: