タグ別アーカイブ:

和室をプチリフォーム

畳をメンテナンスリフォームした際、イメージチェンジの主役となるのが畳縁なのです。裏返し・表替え・新畳とどの場面をとっても畳縁は新しいものと交換となりますが、このとき大半の方が適当に決めてしまうものなのですが、選び方次第で和室のイメージがガラリと変わりますので、こだわって選ぶことが大切なのです。

現在、畳縁に使われている素材は丈夫な合成繊維が主流となっています。色柄はモダンな和室に似合うような、無地や幾何学模様の他に、昔ながらの亀甲柄や、可愛らしい色使いの花柄などたくさんの種類がありますので、上手に選ぶコツは、和室は洋室とは違う色の組み合わせが生きる空間なのです。たとえば、洋服に色々な色を組み合わせると嫌らしくなることが多々ありますが、和服の場合、着物、帯、半襟などを色柄の違う組み合わせで着ると華やかさや豪華さがでます。和室もこれと同じで、壁・襖・畳縁を色々な色で組み合わせることによりシックな感じからモダンな感じまで色々と楽しむことができるのです。

畳の表替えや新床への交換の際に、カラー畳や半畳にすれば和室のイメージを大きく変えることができるのです。

ちなみにカラー畳とは、畳表をグレーやベージュなどカラフルに染めたものです。また、半畳とは半分の大きさの正方形の畳で、縁なしで使うと部屋を広く見せる効果もあるのです。カラー畳や半畳は共に、モダンな和空間を作るのに欠かせないアイテムなのです。

畳を入れ替えるときなどに、床暖房も考えるチャンスでもあるのです。ただし、床暖房用の畳は、普通の畳より薄いタイプが必要となります。また、掘りごたつや床下収納などを設置するにもよい機会と言えます。

このように、畳のメンテナンス時は、一緒にできるリフォームがたくさんありますので、よく検討することがポイントとなります。

和室をメンテナンスリフォーム

畳も数年に一度メンテナンスを行う必要があるのをご存じですか?

畳は数年に一度は裏返しや表返しをしたり、もっと古くなれば新床に交換してりと定期的なメンテナンスのリフォームが必要なのです。またメンテナンスの際にちょっとした工夫をすることで、和室のイメージチェンジをすることもできます。

畳は、畳床を芯にして畳表でくるんであります。畳の定期的なメンテナンスリフォームは、裏返し、表替え、新畳の3種類で、使った年数や傷み具合で行っていくのです。

裏返しとは、畳表は両面使うことができますので、畳表を一旦はずし裏返して取り付け、畳縁は新しくするのです。そしてその周期ですが、35年を目途に行っていきます。

次に表替えですが、畳床はそのまま使用し、上にかぶせる畳表と畳縁を新しいものに交換するのです。周期は78年が基本なのです。

最後に、新畳ですが、畳床も畳表も畳縁も全て新しいものにしますので、完全に新しい畳となります。これは、裏返しや表返しを既に行い、古くなった畳を新調することになりますので、10年以上で傷み具合などにより異なってきます。

上記のように、畳表は片面の寿命が35年で、裏側も使うことができますので、合計78年程度使えることになります。この畳表を裏返して張りつけることを裏返しといい、できるのは1回限りで、表面があまり傷まないうちに行うのがポイントなのです。

また、表替えとは、裏返しが終わって寿命を終えた畳表を、新品に交換することで、畳を踏んだときに老朽してきたなと感じたら、畳床の交換時期なので、新畳の導入を考える時期でもあります。

表替えも新畳も、真新しい畳表からイグサの香りが広がり、フレッシュで気持ちの良い空間になります。