タグ別アーカイブ: 浴室

シャワールームのある住まい(2)

バスルーム以外にもうひとつシャワールームを設けるというのがあります。2世帯住宅や介護が必要な方がいるが家庭などに向いています。

ところで、このシャワールームのプランニングですが、シャワールームだけでなくバスルームにも言えることなのですが、プランニングの際には、排水を含めて防水面での配慮は重要なのです。特に、2階や3階に設けるケースでは、充分に注意しなければならないのです。

設備機器としてのシャワールームは、国内の設備機器メーカーの商品だけでなく、輸入品や比較的簡単に組み立てできるようなタイプまでさまざまなのです。選ぶ際には、商品の性能はもとより、メンテナンス体制や保証期間などの確認を必ず行って下さい。また施工会社の体制、取扱い実績なども必ず確認しておいて下さい。

木造住宅の場合、排水音が階下に響きますので、シャワールームを含め水まわりのプランニングには、下の部屋への影響を考慮して下さい。また2世帯住宅でしたら、階下が親世帯の寝室とならないようにプランニングする必要があります。

選び方はシステムバスと同様に、サイズや床・壁・天井材などの仕様、照明やシャワー水栓などを選択していくのです。最近では、リフォームの際に取り入れやすいように、既存のスペースに合わせてサイズオーダーできる商品ももあります。

また、使い勝手や清掃性を高めたタイプも増え、シンプルなデザインが多く提案されています。シャワーの多機能化も進んでいますので、省エネルギー性能はもとより、さまざまな水流を楽しめるものや全身を包み込むようなものなどを取り入れることができるタイプもあります。

また、押し入れスペースを活用できるシャワールームも提案されていますので、2世帯住宅へのリフォームや在宅介護で必要になるなど、家族構成やライフスタイルなどに合わせて取り入れることが大切なのです。

シャワールームのある住まい

新築やリフォームの際に、シャワールームを設けるというのは、一般的ではないかもしれないのですが、家族構成やライフスタイル、間取りプランによっては、たとえばバスルームとは別に、シャワールームを設けることで暮らしがより快適に、心地よくなることもあるのです。そこで、シャワールームの基礎的なことを調べていくことにしましょう。

シャワールームとは、シャワーを浴びることができる空間のことで、シャワー水栓はもちろんですが、排水や換気設備を備えた部屋のことで、バスルームや寝室に隣接させることが多い空間なのです。バスルームと同様に、在来工法によってプランニングすることもできますが、多くみられるのは、ユニット化された設備機器としてのシャワールーム(シャワーユニット)を設置するプランなのです。

戸建て住宅の新築やリフォームの場合、バスルームではなくシャワールームだけを設ける、というケースは少ないと思います。しかし、2世帯住宅やゲストルームがあるお住まいなどでは、もうひとつのバスルームとしてシャワールームを設置するケースや出勤前やお出かけ前に、忙しい朝でもシャワーを浴びてさっぱりとしたい、という方も多いのです。そこで、朝のシャワー専用に寝室に隣接させるプランなども考えることができます。また、自宅での介護の場合、行き来しやすい場所にシャワールームを設置するリフォームも考えることができます。

シャワールームを設けるメリットは、限られたスペースでも設置できること、プランニングにもよりますが場バスルームに比べ掃除が楽に行うことができますし、狭い空間ですので、空間がすぐに暖まり心地よいことも特徴のひとつなのです。

進化するシャワー機能(2)

バスタイムは一日の疲れを癒してくれますし、シャワーで身体をほぐすことで明日への活力が湧いてくるというものです。ところでそのシャワーですが、シャワーの形状は、通常のシャワーヘッド(壁や天井に固定するタイプやハンドシャワータイプ)からさまざまな水流を吐水するもののほかに、管状・プレート状・アーム状(シャワーバー、シャワーシステムなど)のものから水流がでるタイプもあるのです。上からだけでなく横からの水流を楽しむことも可能なのです。

国産のシャワーはもちろんですが、海外メーカーのものには独特の形状のタイプが多くあり、空間のアクセントとなるようなデザインもあります。また、システムバスにも、オプションとして用意されているケースもあるのです。そのほか、椅子に座った状態で身体中にシャワーを浴びることができるタイプなどの提案もされているのです。

新築やリフォームの予定がなくても、一般的な形状であれば、既存のシャワーヘッドを多機能シャワーに取り替えることもできるのです。DIYショップやホームセンターなどでも発売されていますし、水栓メーカーのホームページやネットショップでも購入することができるのです。

購入する際には、取り替えたいシャワーヘッドが既存のシャワーに取り付け可能か否かは、各メーカーや品番などの確認をして下さい。海外製品やメーカーが異なる場合などでは、アダプターが必要になるケースもありますので、取り付け方法をチェックしておく必要があります。

多機能シャワーを検討する際には、日々の中でシャワーの使用頻度や使い方などにより、どのような機能を求めるかを明確にして選ぶことが必要なのです。ショールームなどに出かけて、実際にシャワーを手に持ち、使い勝手やデザインを確認することはとても重要だったのです。

進化するシャワー機能

一日の疲れを癒してくれるバスタイム。そのバスタイムを快適に実現してくれるアイテムのひとつに、シャワーがありますが、シャワーも日々進歩しており、取り入れる方も増えてきているのが多機能シャワーなのです。

機能性やデザイン性も高まり、さまざまなタイプの商品が各メーカーから提案されているのです。そこで、多機能シャワーとはどういうモノなのか調べてみましょう。多機能シャワーは、文字通り、さまざまな機能を持つシャワーのことです。基本的には、水量や水流の種類、強さなどを変えることのできるシャワー水栓を指しているのです。

たとえば、霧や霧雨のような水流や打たせ湯のような強い吐水、効果的に身体を温める吐水方法やマッサージ効果を持つような水流などもみられ、機能は各メーカー、商品ごと多種多様なのです。ビタミンCを配合させたものや塩素を低減する機能のあるものなども提案されているのです。このような機能を使えば、一日の疲れをとることができ、明日への活力となると思います。

水道代の値上げや水不足によるものは一般家庭では深刻な問題といえるのです。そこで、節水機能を高めたタイプが多くあり、皆さんも目にする機会が多いと思います。 

たとえば、シャワーヘッドにオンオフや流量を調整するスイッチがあるタイプや、水に空気を含ませるなどして、節水しながらもたっぷりとした浴び心地を確保したタイプなどもあります。また、手元にスイッチがあるものは、小さなお子さんのいる場合や介護の場合などに便利で、特に小さなお子さんの入浴は神経を使うものです。そこで水を止める際にいちいちレバーを操作していては万一滑り落ちたりすれば大怪我になります。しかし手元にスイッチがあれば片手で楽に水を止めることができますので、とても便利に使うことができる機能といえるのです。

バスルームの設備機器とは(6)

サウナが好きな方は多いと思います。そこで、住まいにサウナを設置する、というのは少し贅沢に感じるですが、最近では、浴室換気暖房乾燥機のプラスアルファの機能として、ミストサウナを取り入れる方もみられるようになってきたのです。これはなにも一戸建て住宅に限らず、分譲マンションでも設置されているケースもあるのです。欲しい設備の一つになってきています。そこで、家庭用ミストサウナについて考えていくとにします。

ところでミストサウナとはどういうものかということですが、ミストサウナとは、比較的低温の湯を霧状(ミスト)にしてバスルームに充満させたもので、適度な温度(40℃前後)と湿度(100%)を保ちますので、高温での湿気の低い通常のサウナと比べ、熱気による息苦しさもなく、身体に負担がかかりにくいのが特徴で、肌や髪などに優しいというのも魅力のひとつなのです。

また、ミストは熱が身体に伝わりやすいですので、保湿や保湿効果も高く、ゆったりとリラックスすることが出来ますので、女性を中心に人気の高いアイテムなのです。

新築やリフォームでミストサウナを取り入れる場合は、バスルームに、ミストサウナ機能を搭載した浴室換気暖房乾燥機を設置するケースが多いと思います。浴室換気暖房乾燥機は、換気・乾燥・・暖房・衣類乾燥・涼風機能など多機能化が進んでおり、そのプラスアルファとして、ミストサウナ機能を組み込んだ商品が提案されているのです。商品としては、天井に設置するタイプ、壁に設置するタイプがあるのです。

その他、既存のバスルームにも後付けが可能な単独のミストサウナもあるのです。比較的簡単な工事で設置することができるタイプもあるのです。ミストサウナは、自宅のバスルームがサウナにすることが可能ですので、条件に合わせた商品提案がみられることなどから、より身近なアイテムになってきたと言えるのです。

バスルームの設備機器とは(5)

浴室換気暖房乾燥機には、ミストサウナ機能を搭載したものがあるのです。メーカーや商品によってさまざまなタイプがあるのです。たとえば、複数のモード設定があるものやミストシャワー機能があるもの、ミスト機能を使用しながら本を読んだり浴室用テレビを楽しむことができるタイプもあるのです。

ミスト機能によって、発汗作用を促したり、リフレッシュ効果も期待することができるのです。

その他、防カビ剤で浮遊するカビ菌を分解するなどして、カビの繁殖を抑える機能がついているタイプでしたら、清潔な空間を保つことができるのです。さらには、スーツなどの選択しにくい衣類に付いた臭いを軽減する衣類脱臭機能が付いているタイプがあるのです。ノズルからお湯を落下させることでうたせ湯のような刺激や温熱効果をもたらすものなどがあるのです。

このように多機能の浴室換気暖房乾燥機であれば、リモコンの操作性も重要になってくるのです。温度設定やタイマーなどの操作方法をチェックしておく必要があるのです。

浴室換気暖房乾燥機には、さまざまな機能があり、使い勝手も高まっていくのです。家族構成やライフスタイル、入浴方法や洗濯方法なども考慮して、必要な機能を持つタイプを選ぶことが重要といえるのです。

浴室換気暖房乾燥機は、単体で考えるのではなく、水まわり、給湯システム、住まい全体の計画にも関わってくるのです。熱源や予算、ランニングコストを含めて設計担当者と早めに検討することが大切で、細かな点は、バスルーム選びとショールーム等で確認を行うことが大切です。機器の形状やリモコンの操作性など実際に触れてみて、その使い方をチェックすることも大切なのです。

バスルームの設備機器とは(4)

入浴するときは誰しもが必ず裸になります。当たり前のことですが、この当たり前の行為で命を落とす危険があるのです。この危険を回避してくれるのが浴室暖房機能なのです。高齢の方や血圧や心臓に不安がある方など、急激な温度変化はヒートショックの原因にもなるのです。そこで、浴室を暖かくすることで、温度のバリアフリーを実現することができるのです。

事前にセットしておくことができる予約暖房機能や、脱衣室を暖房する二室暖房タイプなどがあるのです。また。急いで暖めることが出来る機能や暖房の風量を変えることができるもの、入浴前と入浴中でパワーや吹き出し方向を変更できるものなど、メーカーや商品によってさまざまな工夫が施されていますので家族構成にあったものを選ぶことが大切です。

浴室換気暖房乾燥機は浴室内を乾燥すると同時に洗濯物も乾かせる機能があるのです。これを衣類乾燥機能といいます。小さなお子さんがいたり、自宅での介護、また屋外に干すスペースが少ない都市住宅、共働きで日中家にいない方、あるいは家族の中に花粉症の方がいると屋外で干すことが難しいという方などにうってつけの機能と言えるのです。さらにタイマーを利用して効率的に家事をこなすことも可能なのです。

最近は省エネ製品に人気がありますが、浴室換気暖房乾燥機にも省エネに配慮したエコモードなどを搭載したタイプもありますし、効率よく乾燥させるため、温風の吹き出し方向を変えられるタイプなどもあるのです。

冬場の寒さも気になりますが、夏場の蒸し暑さも不快感を覚えますよね。そこで、夏場の蒸し暑さをやわらげる送風機能で、湯上りのほてりも防いでくれますので、夏場の風呂上りもスッキリ快適にさせてくれるのです。また、マンションなどの窓のない浴室でも涼しい風を得ることができるのです。

バスルームの設備機器とは(3)

新築やリフォームの際に、取り入れるかどうか悩む方も多い浴室換気暖房乾燥機ですが、設置してよかったという方も多く、たとえば、浴室がジメジメしないので、掃除が楽になった、子供が幼いので汚れ物が多く、いつでも洗濯物を干せるのが安心、花粉症なので、外干しできないから便利、高齢の親と同居しているので、寒い冬などにおこるヒートショックの心配がなく、また洗濯物もすぐにできるので便利だなど、積極的に活用している方には満足度が高い設備機器でもあると言えるのです。

しかし、その一方で、光熱費が気になり、使用頻度が高くない、多機能過ぎて、あまり使いこなせていないなどという方もいるのです。

家族構成はもちろんですが、入浴スタイル、洗濯物の頻度や量によって、どんな機能が必要かどうかは変わってくるものです。便利な機能でも使いこなせなければ意味がないのです。自分の暮らし方に必要な機能は何か、予算やランニングコストを含めて検討することが大切なのです。そこで、その機能ついて考えていくことにしましょう。

浴室は湿気が多く結露が発生しやすい場所なのです。換気・乾燥機能によって、湿気を抑え、カビや結露の発生も少なくなり、掃除の手間を省くこともできるのです。24時間換気機能を搭載しているもの、浴室だけでなく洗面室の2室換気タイプ、トイレも含めた3室換気タイプなどもありますので、住まい全体を考慮してプランニングする必要があるのです。

また、静音設計のタイプや湿気の量などに応じて換気運転が切り替えることができるタイプなどもありますし、最近では、電気の使用量を抑えたモードを設定している商品も出ていますので、ライフスタイルに合わせたものを選ぶのがよいのです。

バスルームの設備機器とは(2)

新築やリフォームの際によく取り入れられるのが浴室換気暖房乾燥機なのですが、新築やリフォームと既存のバスルームに取り付けるのでは設置方法が異なることがあるのです。

新築の場合によく採用されるのが、天井埋め込みタイプなのです。このタイプの特徴は、すっきりとした空間を保つことができるのです。最近では厚みを抑えた薄型設計のものが増えてきている傾向にあります。

既存の換気扇を外して設置するケースが多いのが、天井付けタイプなのです。また壁掛けタイプは、天井裏にはダクトを通さず、既存の換気口を利用して設置するため設置も簡単ですので、浴室換気暖房乾燥機を取り付けるリフォームに適していると言えるのです。ただし、取り付けが不可能な場合もありますので、事前に確認をする必要があるのです。

天井埋め込みタイプには、浴室一室のみのタイプと浴室・洗面所・トイレも3室もしくは浴室・洗面所の2室に対応した多室用があるのです。また、24時間換気が可能な機種もあり、住まい全体の換気計画に関わるケースもでてきますので、取り入れる際には熱源も含めて、早めに設計担当者に相談することが大切なのです。

浴室換気暖房乾燥機の機能はさまざまで、主な機能は、浴室換気・乾燥機能・浴室暖房機能、衣類乾燥機能、涼風機能、ミストサウナ機能などがあります。さらには、衣類脱臭機能、カビ抑制機能など、メーカー独自の特徴をもたせたタイプもあるのです。メーカーや商品によって特徴は異なりますので、選ぶ際には我が家にとって、必要な機能を見極めることが大切なのです。

バスルームの設備機器とは

バスルームプランの際によく検討させるのが浴室換気暖房乾燥機なのです。浴室換気暖房乾燥機は、忙しい主婦を中心に人気の設備機器のひとつでもあるのです。この設備ですが、新築やリフォームの際に、検討する方も多くみられるのですが、ハウスメーカーの住宅商品では標準仕様となっている場合もあります。また分譲住宅(分譲マンション)でも標準装備となっているケースもあります。

浴室換気暖房乾燥機とひとくちにいっても、メーカーや商品によって、総裁されている機能はさまざまなのです。そこで、この浴室換気暖房乾燥機について調べていくことにしましょう。

浴室換気暖房乾燥機とは、一般的には、浴室用の換気、暖房、乾燥などが一台で可能な設備機器のことで、浴室換気暖房乾燥機を略して浴乾などと呼ばれることもあるのです。

熱源で分類すると主に電気式とガス温水式に分けることができるのです。電気式には、セラミックヒーターやハロゲンヒーターなどがあり、100Vだけでなく200Vヒータータイプもあるのです。また、電気ヒーター式ではなく、ヒートポンプ式のものもでています。温水式は、外部に設置した熱源機でつくったお湯を循環させて熱を放出するもので、エコウィルやエネファームなどの給湯システムとも相性がよく、利用するケースも増えているのです。

商品的には、戸建て住宅用、集合住宅用があり、システムバスはもちろんですが、在来工法の浴室に適応するものなどもあります。また形状で分類すると、天井埋め込み(ビルトイン)タイプと天井付けタイプ、壁掛けタイプに分けることができるのです。さらに、既存の換気扇からの取り換えも可能なものがあり、現在使用しているバスに取り付けることもできるのです。