タグ別アーカイブ:

断熱扉の特徴(2)

住まいの断熱性能を高めるためには窓や扉といった開口部の断熱も大切な要素のひとつとなります。
一概に断熱扉といっても、扉の構造によって断熱性能は異なりますので、次世代省エネルギー基準(住宅の断熱や気密、冷暖房についての基準)の、どこの地域に適合しているのか確認し、地域条件に応じた断熱仕様のドアを選ぶことが基本となるのです。

建材メーカー商品の断熱扉といえば、鋼板の製品が主流となっていますが、輸入品などには木製の断熱ドアもあります。いずれも比較的重量のあるタイプが多いですので、ショールームなどで、実物を開け閉めするなどして、使い勝手を確認することをお勧めします。
断熱扉のデザインバリエーションも豊富になってきており、ナチュラルなタイプのものから、モダンなデザインまで多種多様にあります。また、木目を表現した高級感のあるものからシャープなデザイン、風を取り込む機能を持つタイプなどもあります。

断熱扉はドアタイプだけでなく、引き戸タイプの商品も充実しておりますが、断熱性能に関しては制約がありますが、デザインも豊富に揃っており、開閉スペースを取らない引き戸タイプは、玄関まわりに十分な空間をとることができない場合や駐車場スペースを兼ねている場合などに向いているスタイルといえるのです。

最近では、リフォームに対応した商品も増えてきていますので、既存の玄関サイズに合わせやすく、外壁工事をせずに、短工期で設置することができるのです。また一日で設置できるタイプもみられるようになってきたのです。
注意が必要なのは、住まいの顔とも言われる玄関扉ですので、外観のデザインや門扉などとのコーディネートも大切ですし、防犯面も確認しておかなければいけないのです。そういったことから設計担当者と綿密に打ち合わせえを行い、居住する地域の気候に合わせたプランニングをすることが大切なのです。

断熱扉の特徴

住まいの断熱性を高めるには、断熱材を使うのはもちろんですが、窓や扉にも配慮が必要なのです。

近年の異常気象により、異常に気温が高い日が多くあります。そこで住まいの断熱性を高める必要がるのです。夏涼しく、冬暖かい快適な住まいをつくるためには、断熱材はもちろんですが、窓や扉といった開口部材選びはとても重要になってくるのです。そこで、断熱ドアの特徴などを考えていくことにします。

室内の熱を逃がさず、無駄なエネルギーを使用しないで快適な室内環境を保つために必要なのが断熱建材なのです。断熱建材には、壁や天井・床などに用いる断熱材と窓や扉といった開口部に用いる断熱開口部材、さらには、断熱工事に使用し気密性を高める気密補助材(防湿・気密フィルムや気密テープなど)があります。

断熱性能の高い住宅をつくるためには、断熱建材を用いて家全体を隙間なく包むことがとても重要ですが、断熱材を用いても、窓や断熱扉などの開口部に断熱建材を用いなければ、本来の効果は期待できなのです。開口部に用いる断熱窓(サッシ)は、比較的身近な建材となってきていますが、断熱扉(ドア)も各メーカーから多くの商品が提案されているのです。

断熱扉(ドア)とは、扉本体内部にウレタンなどの断熱材を充填したり、枠に断熱樹脂や気密時を用いるなどして、冷気や暖気の侵入や流出を抑える工夫を施したものをいいます。

一般的な扉よりも厚み(4060㎜程度)があり、扉に開口部(窓)を設けたデザインの場合は、複層ガラスや高断熱複層ガラスなどを用いて断熱・気密効果を高め、熱の伝わりを抑えているのです。また、断熱・気密性能とともに、遮音・防音性能が優れているのも特徴のひとつなのです。

室内扉の基礎の基礎(2)

日常何気なく使っている建具ですがいろいろな建具あるのです。一般的によく使われている開き戸や引き戸、折れ戸といった種類があるのです。
引き戸ですが、引き戸といえば以前は和室に隣接していたり、狭い空間で開き戸が設置できない場合に用いるものでしたが、最近では、デザインバリエーションも増え、洋室でも多く用いられるようになりました。スタイルは、片引き戸、引き違い戸、引き込み戸、引き分け戸などに分類することができるのです。

設置するためには壁面が必要となりますが、横にスライドさせるため、開き戸のような開閉スペースがとられないので、部屋を広く使えることや通風を確保しやすいこと、開閉動作が楽なことなどがメリットなのです。また扉をあけておけば、部屋を連続させて使うことも可能ですし、空間に変化を持たせることもできるのです。

折れ戸は、丁番などで連結させた扉を折りたたんで開閉するタイプで、開き戸よりも開閉スペースが少なくてすむ形状となっていますので、トイレや洗面所、浴室などの水回りや廊下などの狭い空間で収納扉などに用いられることが多いタイプといえるのです。
折れ戸の場合、開閉がしやすいかどうか、小さなお子様がいる場合などは、指を挟む原因となりますので、怪我のしにくい工夫がされているかどうかも確認しておく必要があるのです。

素材としては、樹脂シート貼り、突板仕上げ、無垢材などの木質系のほかにアルミなどの金属系の商品提案もされています。
最近主流となっているのが、樹脂シート貼りで、合板やMDFなど木材繊維に接着剤を添加し、成形した建具を下地として、木目などの模様を印刷した樹脂シートを張ったもので、柄やデザインが豊富なのが特徴といえるのです。また、天然木を薄くそいだ板(単板)を合板やMDF下地に貼ったものもあり、肌触りのよさや木目の美しさなどが魅力的なのです。

室内扉の基礎の基礎

扉には玄関用と室内用があるのです。室内で用いる扉(建具)にはいろいろなタイプのものがあるのです。毎日の使い勝手を考慮して、使用する場所や部屋に合わせてその間取りにあった機能やデザインを選ぶことが大切なのです。そこで、室内建具について考えていくことにしましょう。

リビングや寝室、洗面所・トイレなどの出入り口に用いる室内建具には、さまざまなタイプがあるのです。空間に合わせてオリジナルで造作する場合もありますが、各建材メーカーからは豊富な商品バリエーションが提案され、ショールームなどで確認しながら選ぶことが可能なのです。いずれにしても、日々の使い勝手を考慮して、使用する場所や部屋にあった開閉方式や機能・デザインの建具を選ぶことが大切なのです。

室内建具を開閉方法でみてみると、開き戸・引き戸・折れ戸の3つに分類することができるのです。開き戸は一般的な洋室で最も多く用いられているスタイルで、1枚ドアを開閉する片開きや2枚のドアを開閉する両開き、大小2枚のドアを持つ親子ドアなどがあるのです。  開き戸の場合は、ドアの開閉部分のスペースが必要となりますので、使い勝手に合わせて幅やサイズ、内開き外開き、左右どちらを吊元(丁番が付いている方)とするかなどを検討することと、動線を妨げず、危険のない開閉方法とすることがポイントとなるのです。

たとえば、ドアを取り付ける部屋が廊下や階段付近に接している場合、廊下を歩く人にぶつからないように内開きとするか、設置する位置に工夫するなどの配慮が必要となるのです。また開き方によって、照明スイッチがドアの後ろになり使いづらいといったこともありますので、具体的な動きをイメージしながらプランニングすることが大切なのです。

収納は折れ戸が最高

クローゼットをリフォームする際に、扉をどうするか悩む方が多いのですが、大きな幅の収納スペースを全開口したいのなら折れ戸がお勧めなのです。扉を折れ戸にした場合、扉を折って畳んで寄せますので、開き扉より収納前のスペースを取らず、なにより大きな幅の収納スペースを全開口できますのでとても便利で使い勝手がよいのです。

引き違い戸だと扉を寄せた部分は中が見えませんし、開き扉だと扉を支える枠が途中に入りまた、扉を手前に引き寄せるスペースも必要となりますが、折れ戸なら幅広のクローゼットでも中を一目で見渡せますので、洋服選びがとても便利になります。また、スペースのとれない場合でも、折れ戸にするとスペースを有効に利用することができるのです。

ただし乱暴に開閉すると金物がゆるんでしまい、開け閉めがしにくくなってしまうことがあることと、開き扉に比べ費用が若干高くなります。

また機能性を考えるのなら、引き上げ扉や引き落とし扉にするということも考えることができるのです。

扉と言えば左右に開くと考えがちですが、左右ではなく上下に開くことを考えたのが引き上げ扉や引下げ扉なのです。引き上げ扉は、上に扉を持ち上げて開くスタイルで、キッチンの吊戸棚など頭上の収納などにとても便利に使うことができるのです。また開けたままでも扉が邪魔になるということがありません。

一方、引き落とし扉ですが、よく机などに利用されている、ライティングデスクタイプで、開いた時にカウンターとして使うことができるなど、扉として使うだけでなく、プラスαの機能を追加したスタイルなのです。

ただし、引き上げ扉は、開閉にある程度の力が必要になることと、引き落とし扉は、使用する金物や扉の耐久性によって、支えることができる重量が変わりますので注意が必要です。

収納リフォームは扉で決まる

収納スペースを作るリフォームは人気がありますが、大抵の方はとりあえず収納を作ってというようなリフォームの仕方なのです。それで使い勝手がよければ何の問題もないのですが、結構多いのが、せっかく作ったスペースが使いにくいということなのです。その使い勝手の大きな差は、どんな扉を選ぶかでも決まります。

住まいの大きさにもよりますが、扉を引き違い戸にした場合、通路幅の狭いキッチンでも大丈夫で、扉を半透明のガラスにすると、透明感のある戸が部屋を明るい雰囲気にしてくれます。

引き違い戸は開いた時に前に飛び出してきませんので、収納前のスペースが狭い場合に向いています。従来は引き違い戸といえば、押し入れというイメージがつよかったのですが、最近ではスタイリッシュなデザインが増えており、なによりも地震での安全性の高さからも、引き戸収納を作るリフォームが増えています。

ただし、引き違い戸は戸の幅が小さいと開口面積が狭くなり中が見難くなりますので、中型収納~大型収納に向いていると言えます。

次に開き扉ですが、2枚の扉を開く観音扉と1枚を開く片開き戸があり、値段も安くリフォームでも作りやすいので様々な収納に使われています。ただし、開いたときに扉の幅分が前に飛び出してきますので、収納前にある程度のスペースが必要となってきます。

開き扉の注意点としては、余り大きな扉ですと、開閉するたびに立ち位置の移動が必要になることと、扉を支えるための枠が必要となってきますので、小型収納~中型収納に向いていると言えます。