タグ別アーカイブ: 寝室

程よい距離が夫婦生活を円滑にする

何でも一緒ですが、程よい距離がよいのです。その証拠に付き合っている間は、いつも一緒という訳ではないのです。日中は互いに仕事を持ち、会えない日もあるのです。夫婦の関係のそれと同じなのです。

子供がある程度大きくなったら、夫婦二人のための寝室を考えることが大切なのです。そして大人の夫婦ならではの、程よい距離感、確かな絆を感じられるような夫婦の寝室をつくることが大切なのです。

たとえば、大きなワンルームに、真ん中に厚い防音効果のある大きな引き戸を設けることにより、部屋を二つに分けられるようにしたプランです。

いつもべったり一緒でもなく、完全に分かれてしまうわけでもなく、つまり、密着し過ぎず、離れ過ぎずといった感じです。お互い気が合えば一緒に寝ることができ、またそれぞれのプライベートタイムも楽しめるといった、夫婦のためのストレスフリーな寝室のプランニングです。

このプランの基本は、子供部屋を二つに分けるアイデアからきているもので、このプランでしたら、子供が巣立った後、今度は新しい形の夫婦の寝室として使うことができるのです。つまり、ここは寝室、ここは子供部屋というように用途を決めずに、生活スタイルの変化に合わせ、柔軟性のあるプランにしておけば、後でリフォームが簡単なのです。

寝室を大きめに作り、その一部を夫婦のための共有空間にしたり、真ん中に書斎スペースをつくって適度な距離感を持たせたりなど、お互いの気配を感じながらも、プライベートな空間を確保するようなプランも考えることができるのです。

要は、ある程度の広さがあれば、生活スタイルの変化によって、寝室の形を柔軟に変えていくことも可能なのです。夫婦の数だけ、それに相応しい寝室の形がありますので、最初からこの形と決めつけてしまうと、部屋に合わせて我慢を強いられることにもなりかねませんので注意が必要なのです。

寝室は夫婦の関係を示す空間

寝室のプランを見ると夫婦の関係が見えてくるものです。夫婦の間をダメにするのも寝室なら、夫婦の間の危機を回避してくれるのも寝室なのです。

住まいの形は、毎日の暮らしに大きな影響を与え、家族の形を大きく変えてしまうほどの力を持っているのです。

たとえば、二世帯住宅ならプラン次第で家族の崩壊が起きてしまう可能性があるのです。子供部屋なら親子のかかわり方も変わります。ましてや長い間一緒にいる夫婦なら、その関係に大きな影響をあたえるのです。

夫婦ですので、一緒に暮らす時間が長いのは当たり前で、新婚当初とは形が変わって当たり前なのです。快適な夫婦生活を送るためにも、それぞれの夫婦の形に相応しい寝室のプランは変化していきます。

よく、寝室のリフォームを考えていると言いますが、大半が、壁紙を変えるだけとか、フローリングにするだけ、或いは溢れた洋服を収納するクローゼットを作るだけといったような内容が多いのです。

本当の意味でのリフォームとは、例えば、子供が小さいうちはお母さんは子供と一緒、お父さんは別室で、それから何十年も完全別寝室のままコミュニケーションも取れないままというケースや、逆に、新婚当初からダブルベッドで同じ部屋に寝ていて、今もそのまま、しかし、本当は寝がら好きなテレビや映画をみたいのだが、見たい番組が違うので我慢しているとか、たまにはベッドで読書をしたいのに明るいと文句を言われ仕方なく寝るというような微妙にストレスがたまる暮らしが続いているケースなどです。

こういった些細なすれ違いをなくすのが本当の意味のリフォームなのです。寝室は夫婦の関係を大きく担う大切な部屋です。寝室のプランが、夫婦の在り方を大きく左右しますので、そういった意味では、寝室のプランを考える時、夫婦が協力し合いながらプランニングするのが大切なのです。

寝室は夫婦にとって大切な空間

結婚して一番大切な場所が寝室なのです。夫婦喧嘩していても一緒の寝具で寝ることにより仲直りすることが多々あります。そこで寝室のリフォームについて考えていきます。

新婚当初は二人の暮らしでも、時間がたてば家族が増えるのです。それが子供なのです。子供が生まれれば子供のためのスペースが必要となります。生まれてしばらくの間は、夜中に授乳が必要となり旦那さんの睡眠を邪魔しないように旦那さんだけ別の部屋で寝るというご家庭が多いと思いますが、離乳してある程度大きくなれば、親子3人で一緒の寝室で寝ることができるようになります。

そうなった時に問題になるのがベビーベッドです。ベビーベッドの置き場無くて結局パパが追い出されてもとの部屋で寝ているという別寝が続いているというケースも少なくありません。そこで将来、二人から3人になっても快適に眠れる寝室にリフォームしておく必要があるのです。

そこで、寝室は最初から少し広めに計画しておくことが後々快適に暮らすポイントなのです。子供が小学校に上がるまでは親子で一緒の寝室で寝ることを考え、子供用のベッドが置けるように、寝室の面積に余裕を持たせておきます。子供用のベッドを設置すれば、格子間仕切りでさりげなく視線を遮り落ち着きのある空間に仕上げます。

また将来子供が独立して別に部屋を持つようになったりした時、寝室に、夫婦二人でくつろげるミニリビングとして利用したり、書斎や収納スペースとして利用できるなど、後々便利に有効利用でき快適に暮らすことができるのです。

寝室のリフォームは、プライバシーをしっかり配慮しておくことも大切なのです。

寝室からトイレへの動線

人は年齢を重ねるにつれてトイレの回数が増えてきますので、夜中にトイレに行くことも多くなります。そこで、寝室からトイレまでの道のりがスムーズになるようなリフォームを考える必要がでてくるのです。

まず夜でも安全にトイレに行けるよう、足元の明るさを確保する必要があるのです。廊下などにコンセントがあれば、差し込みタイプの常夜灯をつけておくのも一つの方法といえます。

また夫婦で寝室が一緒の場合は、トイレのたびに部屋全体を明るくしてしまうとその度に相手を起こしてしまう可能性がありますので、それぞれの足元を照らす小さな照明器具を取り付けておくとよいのです。そしてその際には、スイッチはベッドから寝たまま手が届く位置に取り付けておくことをお勧めします。

ベッドからトイレまでの通路はなるべくまっすぐにしておくことが大切なのです。直進にしておくと車椅子でも楽に行くことができるのです。

また現在の間取りを変えたくない場合には、押し入れ1畳分のスペースがあれば、新しくトイレをつくることができますので、寝室内にセカンドトイレを作るのもよい方法だと言えます。

さらには、トイレに入りやすいということも条件となります。トイレに行く時の行動を順を追って考えると、まずドアを開けてトイレの中に入り、身体の向きを変えて便座に座るのです。この2つの動作をしやすくするためには、立ち位置を変えずに行う方法として、ドアを開放することができ、また広い開口部を確保するといった意味でも引き戸を選ぶのがよいのです。引き戸にすることにより、スペースに余裕を持たせることができるのです。これにより、トイレを使用する際、誰かに支えてもらうにしても、自分で身体の向きを変えるにしても、便器前のスペースが広くとることができますので有効的にスペースを利用することができるのです。

寝室の位置を見直す

一般的な住宅の多くは、浴室、洗面、キッチンは1階にあり、寝室が2階にあります。これはどういうことかというと、寝室から水まわりへの道筋の途中に階段がというバリアがあるということなのです。若い頃はそうでもないのですが、年を重ねるにつれて、大きな困りごとになってしまう可能性があるということなのです。

この水まわりバリアは若いうちに解消しておくことが大切なのです。しかし、トイレだけは同じフロアにあるということが多いので、これに関してはいうことはないのですが、問題はお風呂とキッチンなのです。浴室やキッチンというものは毎日使う場所でもありますので、寝室からの道筋の途中にバリアを作らない間取りにするリフォームを考えることができるのです。

いくらリフォームでも、水まわりを大きく移動するということは大掛かりになってしまいますので、寝室を移動したり、ホームエレベーターを取り付けるという方法があるのです。

このような考え方の裏には、寝室から水まわりまでの道筋の途中に階段、開き戸、段差などのバリアを作らないということと、曲がり角も出来る限り減らしてできるだけ道筋の単純化を図り、長く安全快適に暮らしていくということなのです。

水まわりリフォームの成功のポイントは、設備選びをする前に、20年先、30年先も安全快適に暮らせる形にするために、間取りプランの見直しをする必要があるのです。

先ほども言いましたように、大掛かりな間取りの変更リフォームをしなくても、ドア1枚向きを変えるだけや、部屋を入れ替えるだけで水まわりバリアを解消できることもあるのです。

どんな素晴らしいシステムキッチンやユニットバスを取り付けても、水まわりバリアがあっては将来的に困ることになります。

その点、高齢になってからのマンション住まいは理にかなっているともいえるのですが、都市部では普及しているものの、山間部などの地方ではまだまだ浸透していないとも言えます。