タグ別アーカイブ:

壁紙の張り分けでアジアンスタイルに

住まいの感じが北欧というよりアジアン風という方には、コントラストをハッキリつけると上手にまとまるのです。

ベースを白い壁紙にして、アクセントにする壁紙はダークブラウンなどメリハリのある色柄を選ぶのがコツなのです。家具の木目の色合いともよく合い、部屋全体が落ち着いた雰囲気になります。

意外と効果がでるのが和室なのです。壁の下50㎝程度だけ格子柄にし、床の間の部分にアクセントカラーを使うなど、様々な組み合わせを楽しむことができるのです。

和室は日本の伝統色が似あうのです。洋室では滅多に使わないような色を効果的に使うのがポイントなのです。

日本の伝統色とは和の色のことで、日本古来から使われている和名が付いた色で、JISの色彩分類でも和の色として規定されているのです。

和の色には、トキのピンクの羽の色の鴇色、熟した柿の実の柿色、明るい青緑の若竹色、灰色がかった黒の墨色、オレンジ系の弁柄色など、意外と華やかな色が多くあります。

和の色を選ぶポイントは、ちょっと濃すぎると思うぐらいでちょうどいい感じになるのです。和の色はもともと和室によく合う色ですし、鮮やかさが低い色が多いですので、かなり濃い色を選んでもしっくりと馴染んでくれるのです。

壁紙の張り分けリフォームの注意点ですが、張り分けは微妙な色柄選びがポイントですので、壁紙を選ぶ際には必ず大きめのサンプルを貰ってから選ぶようにして下さい。

壁紙の張り分けは確かに、材料のロスが出たり、手間代が高くなりますが、コスト以上の大きな効果を生み出すことができますので、是非挑戦してみて下さい。

壁紙の張り分けポイント

壁紙の張り替えリフォームは手軽に部屋のリフレッシュできますが、よく言われるのが、綺麗になったけど以前とあんまり変わらないといったことです。そこで少し目線を変えて、張り分けリフォームに挑戦してみませんか?

部分的に柄物を使ったり、壁面によって色を変えたり、アイデア次第で値段の安価なビニールクロスでも組み合わせによって様々なインテリアが楽しめるのです。

しかし、そう言われてもリビングや寝室など大きな部屋で失敗するのが怖いという方にはうってつけの場所があります。それはトイレなのです。トイレは長時間過ごすことがない、閉じられた空間ですので、少々冒険しても大丈夫なのです。そこで、トイレの壁紙の張り替えリフォームの際には、遊び心満載の張り分けでインテリアを楽しむのはどうでしょうか。

トイレの壁紙に柄物を使うと、狭いだけにうるさく感じられることもあります。そんな時は奥の1面だけ思い切った柄物にして残りの3面は無地の壁紙を張ります。また逆に、奥の1面を無地にして、残る3面を柄物にしてもスッキリとまとまるのです。

トイレなどの狭い空間で用いますので、色選びには時間をかけて納得のいくまで行うのが大切なのです。サンプルの中に気に入った柄が無い場合は、壁紙の上から塗装するという方法があります。

柄物と無地の壁紙を組み合わせて張る場合は、柄に使われている色の中の1色を選んで無地に使うと、インテリアにまとまりがでるのです。

北欧のインテリアは大胆な色使いが特徴ですので、壁紙の張り分けで部屋に北欧スタイルを取り入れて、鮮やかな空間を演出してみてはいかがでしょうか。サンプル帳で派手に見えても、部分張りなら落ち着いた空間に仕上がるのです。

ただし、壁紙を上手に張り分けるポイントは、色のバランスにあるのです。原色や柄をアクセントにする場合は、部屋の壁全体の30%が目安となります。

壁紙選びのポイント(3)

壁紙を選ぶ時、大抵は無難に柄物を選ばずにベージュ系や白系になりがちですが、折角壁紙をリフォームするのですから、上手に柄物や色物を選んでみてはどうでしょうか。

柄物を選ぶ時の注意点として、部屋の大きさ、柄の大きさ、部屋の中で柄物が占める面積のバランスを考える必要があることです。

たとえば、小さな部屋に大きな柄を全面に張ってしまうと、部屋が一層狭く感じます。また、大きな部屋に小さな柄を全面に張ってしまうと、落ち着かなく目障りな印象になってしまいます。

つまり、部屋の大きさや用途によって使い分けることでイメージチェンジが手軽に楽しめるのです。たとえば、トイレなどの小さな部屋で大柄を使いたい場合や、リビングなどの大きな部屋で小柄を使いたい場合は、柄の占める面積を減らすことで上手くまとめることができるのです。

子供部屋などの場合は、壁の一面だけに柄物を使えば手軽に部屋のイメージチェンジができますし、寝室などの場合でしたら、壁の下半分の腰壁だけに使うなど、柄物の占める面積を上手く配分することにより嫌味の無い部屋に仕上がります。

色物の壁紙ですが、リビングなどにグリーン系はどうでしょうか、意外と木製の家具とのバランスも良く、部屋のイメージも大きく変わります。しかし壁紙を選ぶ際に、派手になりすぎないようにと、薄い淡い色を選んでしまうと、出来上がりを見ると、結局ほとんど白と変わらなかったり、子供っぽい仕上がりになってしまうことがあるので、少々濃い色でも、あざやかさの低いくすんだ色を選ぶことで落ち着いた空間を作ることができるのです。また、部分的に柄物を使ったり、壁面によって色を変えたりと、ちょっとした遊び心を入れると部屋のセンスアップにつながります。

つまり、部屋中を全て1色にする必要はなく、ほんの少し色を加えるだけで、ドラマチックな空間を作ることができるのです。

壁紙選びのポイント(2)

壁紙を選ぶ際に圧倒的に多いのが白色系なのです。これには、ホワイトを基調としたインテリアに人気がありどんな床や家具とも合うということもありますし、飽きがこなくて種類も豊富にあるということが選ばれる理由なのです。

ところが、無難なつもりで選んだ白色系の壁紙が、施工し終わった部屋に行ってみるとなんとなく部屋に合わず、浮いて見えるということです。

よくあるケースが、淡い色味の付いた地柄の壁紙を選んだのに、仕上がってみたら真っ白で単調に見え、そして青味がかって見えるという場合です。このとき思うのが、もう少し派手なほうがよかったと後悔してしまうことなのです。

色は小さな面積では濃く見え、大きな面積になると明るく見える特性があるのです。色を選ぶ際のサンプル帳は小さくカットされたものですので、淡い色に見えるのです。ところが壁に張るとほとんど白に見えてしまうということが多くあります。また蛍光灯に照らされることにより青味がかって見えたり、リフォームの場合は古い枠や扉と並びますので、更に白が強調されますので、よけいに真っ白に見えてしまうのです。

白色にも色々な色があります。青や赤、黄色など色味がかかった白がありますので、まずはどの系統の白なのかをよく確認することが大切です。またサンプル帳で見た時に、ちょっと濃すぎるかなとか派手かなと思うくらいがちょうどよいことが多くありますので、選ぶ際には参考にして下さい。

また、色を選ぶ際には、サンプル帳などの小さなのもではなく、大きめの実物サンプルを見て選ぶのがポイントです。

大きめの実物サンプルは、サンプル帳の中から気に入ったものを数点ピックアップし、品番を指定して取り寄せてもらうようにして下さい。無償でもらえる枚数や、サイズは各メーカーで違いますので事前に確認をして下さい。

壁紙選びのポイント

壁紙のリフォームをすることに決めてリフォーム会社に行くと、いきなり厚いサンプル帳を渡されどれにしますかと言われても分からない方が多いのではないでしょうか?よくあるのが、分からないまま結局今と同じようなモノを選んでしまったとか、無難な白系統のモノを選んでしまったという方が大半なのです。

また、壁は真剣に選ぶが天井は分からないまま適当に選ぶということも多々あるのです。

天井の壁紙は、選び方によって部屋のイメージが大きく変わってくるのです。よくあるケースですが、壁紙を選ぶ際に、天井用壁紙から選ばなければいけないと思っているのではないですか。

メーカーのサンプル帳には「天井用」のページがあるのですが、種類が少ないというのも特徴ですので、殆どの方が気に入ったものがないから適当に選んでしまったということです。この天井用と名付けられた壁紙のほとんどは、厚手タイプのモノで、化粧ボードや塗り壁模様を施した柄が付けられており、色は白色系のものばかりなのです。

天井って上にありますので、張りにくい部分でもあるのです。また、下地処理も垂直の壁と違い施工しにくいということもありますので、凸凹が出ても目立たないように厚手なのです。さらに、部屋に方向性を作り出さないように向きが無く豪華に見える柄になっています。そしてどのような色の壁にも合わせやすい白色系となっており、誰が選んでも無難にコーディネートできるようなセレクトになっているのです。

つまり、この厚手・向きの無い柄・壁と合う色の3つの項目さえクリアできれば、天井用以外の壁紙から選んでも大丈夫なのです。

天井に白色系を選ぶことが多いのは、部屋を明るくすることと、天井を高く見せることにより安定感を与える効果があるからなのです。ただし、寝室の場合は、若干濃い目の色を選ぶのがコツで、落ち着いた雰囲気を作ることができるのです。

壁紙リフォーム直前の準備

壁紙の張り替えリフォームは、今ある壁紙を剥がすことから始まります。壁紙リフォームの手順は、既存の壁紙を剥がします。次に下地処置を行い、新しい壁紙を貼るという順番で進んでいきます。この手順で一番注意しなければならないのが、下地処理なのです。下地処理の段階でパテを塗ります。パテが乾いたらパテをペーパーなどで平らに削ります。このときパテの粉が飛び散ります。

通常は、リフォーム業者が養生します。養生とは、汚れないようにシートをかぶせたり、幕をはります。しかしいくら養生していてもホコリが付きますので、ホコリがついて困るモノは他の部屋へ前もって移動させておくことも考えなくてはいけません。特に、熱帯魚や爬虫類などの水槽・鳥かごやハムスターなどの小動物・パソコンやカメラなどの精密機械・本やノートなどの紙類などです。また、猫を飼っているご家庭の場合、別の部屋に移動させておくことをお勧めします。猫は怖がりな上に、ちょっとしたスキマから野外に出てしまう恐れがあります。特に家猫の場合は迷子になってしまう恐れがありますので特に注意が必要です。

その他に、貴金属類や食器、化粧品や趣味のモノなどホコリが付いて欲しくないものは、養生の時にシッカリ密閉してもらうか、他の部屋に移動させておくことをお勧めします。

壁紙のリフォームだけでなく、リフォーム全般に言えることなのですが、ちょっとした準備の有無で、工事中の快適度が変わります。

壁紙の張り替えには、既存の壁紙を剥がすという工程があります。この工程が新築と違うリフォームならではの作業なのです。

壁紙を剥がした後の下地板は凸凹が多く、下地処置を行っても、完全に平滑にするのは難しいものなのです。

そこで、お勧めしたいのがリフォーム用壁紙なのです。リフォーム用壁紙は厚みがあり、下地に少々凸凹があってもあまり目立たないように作られています。

壁紙を選ぶ際に、リフォーム向きかどうか、リフォーム業者と相談しながら選ぶことが大切なのです。

壁紙のリフォームを考えよう

壁紙のリフォームは手軽に部屋をイメージチェンジすることができますので、人気のリフォームでもあるのです。

ところで、壁紙の張り替えの目安って知っていますか?一般的には10年~15年で、これ以外に汚れや傷みが目立ってきたら、壁紙の張り替えリフォームをするようにします。

壁紙を貼り替えると部屋全体が一段と明るい印象になりますし、気分も爽快になります。

壁紙のリフォームを思い立ったら、まずリフォーム業者に現場を見てもらい、見積もりを取るようにして下さい。金額は1㎡あたり何円というふうになっています。

壁紙の張り替えリフォームの見積書を取る際に気をつけることは、使う壁紙の値段・壁付けのエアコンの処理(取り外し、取り付け費用など)・大きな家具の移動・工事日数です。この中で特に気をつけなければいけないことは、壁に取り付けあるモノの処理なのです。カーテンレールなど自分で簡単に脱着できるものは問題ないのですが、エアコンは費用が掛かりますので必ず確認するようにして下さい。また、吹き抜けなど、高所作業の場合、家の中に足が必要となる場合もありますので、その費用も確認しておくことが大切です。

壁紙の張り替えリフォームの際に、一緒にやっておけばよかったと後悔しないためにも、よくチェックすることが大切なのです。たとえば、室内の木枠の塗装リフォーム・カーテンレールやカーテンの交換・照明器具の交換、移動、増設・スイッチやコンセントの移動や増設など、一緒にリフォームすれば効率的ですし、後から別に行うとなれば二度手間になりますので注意して下さい。

エコカラットの特徴を活かした部屋つくり

エコカラットは調湿性に優れていますので、寝室などに最適なのです。

寝室は人生の1/3を過ごす部屋なのです。質の高い睡眠をとるためにも、壁リフォームの工夫で快適な空気環境をつくることが大切なのです。そこで、活躍してくれるのが、エコカラットなのです。エコカラットは調湿効果がありますので、冬は乾燥からノドや肌を守り、梅雨の時期はカビや結露を抑えてくれます。また気になる寝室の臭いを軽減する効果もあります。さらに健康的な環境を作りたいと思うのが子供部屋なのですが、その子供部屋にも最適な壁材ともいえるのです。エコカラットは壁の全面に貼らなくても、部屋の床面積の半分程度、トイレならば1平米以上を使えば効果があると言われています。ちなみに、床面積の半分と言うと、だいたい壁の1面程度です。

玄関は家の顔といえる空間です。そこで気になるのが家の臭いなのです。そこで壁紙の張り替えの時に、エコカラットを部分貼りするリフォームをすれば、デザインのアクセントになるのはもちろんのこと、気になる家の臭い、靴の湿気やムレた臭いを軽減してくれますので、安心してお客様をお迎えすることが出来る空間に鳴ります。

エコカラットはレンガ調、石壁調、滑らかな素材感を持っているものなどデザインが豊富に揃っているのも特徴で、たとえば、和室の砂壁の代わりにエコカラットを使ったリフォームをすれば、ぽろぽろと土が落ちてくることも無く、湿気の多い和室の湿度を調整してくれますので、カビを防ぎやすくなります。

その他にも、臭いの気になるトイレや洗面所、ペットを飼っているご家庭にもよい素材といえます。特に猫を飼っているご家庭の場合、臭いの軽減だけでなく、壁の下半分だけ貼っておけば、爪とぎによる被害も防ぐことができます。

エコカラットは表面に小さな穴が無数に開いていますので、素材感が写真だけでは伝わり難い部分もありますので、色柄を選ぶ際には、カタログ写真からだけでなく、必ず実物サンプルで確認するようにして下さい。

壁タイルで快適な部屋を

壁紙が傷んできたので壁紙を張り替えたいという方には、お勧めなのが壁タイルリフォームなのです。

壁リフォームの時、ただ壁紙を張り替えるのではなく、素材を変えて機能もデザインも優れた部屋に変身させることができるのが壁タイルなのです。壁紙にはない素材感と、快適湿度を保って臭いも防いでくれるといった機能を持っているのが、タイル状の健康壁材がエコカラット(LIXIL)なのです。

部屋の中で壁の面積が占める割合は大きなものです。その壁に貼る材料によって部屋のイメージや環境は大きく左右されるのです。そこで壁紙の張り替えリフォームの時に少し工夫して、様々な機能を持ったタイル状の健康壁材、エコカラットを使ってリフォームをすれば、お洒落で快適な空間に変身するのです。

エコカラットは、細かい穴を持った壁材で、電気やガスなどのエネルギーを使わず自然の力で、湿度の調整、脱臭、有害物質の吸着を行って部屋を快適に整えてくれます。また表面の反射率が木材に近いですので、目にピカピカせず、落ち着いた雰囲気に仕上がるのが特徴なのです。

つまり、エコカラットの機能は、まず、調湿効果がありますので、部屋の湿度が高くなると湿気を吸い、湿度が低くなると湿気を吐き出すといった機能があります。次に、脱臭効果が高いですので、臭いの元を吸着し、ペット、生ごみ、トイレ、たばこの臭いを軽減する働きがあるのです。最後に、VOC吸着機能がり、シックハウスの原因にもなる、ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着して低減してくれるのです。

エコカラットの特徴は機能面だけではなく、工事が簡単でリフォームに便利な建材でもあるのです。

現在の壁紙の上にそのまま貼れますので、DIYでのリフォームも可能です。しかし、壁紙の種類や下地の凸凹の程度によっては、下地処理が必要となりますので、注意して下さい。またエコカラットは、浴室のように常時水が掛かる部分や、キッチンのコンロまわりには使用できませんので注意して下さい。

自然素材で快適な住まいを

快適で健康な家にするには、自然素材を取り入れるリフォームをするのが一番なのです。自然素材とは、漆喰や珪藻土、天然和紙壁紙、無垢のフローリングなど化学物質を含まない材料のことを言います。自然素材を使うことに近年問題になっているシックハウスを抑制する効果があるのです。

自然素材はホルムアルデヒドなど有害化学物質を出さず、室内環境を快適に整えてくれるのです。たとえば、6畳間なら床の面積は約10平方メートル、それに対して壁の面積は約25平方メートルにもなりますので、壁に自然素材を使うリフォームは、室内環境を整えるのに効果的なのです。

中でも漆喰は調湿機能に優れ、結露がし難く、カビが生えにくい素材なのです。また素朴でシンプルなデザインですので、クラシックからモダンまで様々なインテリアを引き立ててくれる魅力的な壁材と言えるのです。

壁を漆喰仕上げにリフォームする時は、しっかりとした下地処理をしてから左官職人がコテで塗っていきます。ただし、漆喰といっても、施工性を上げるため合成ボンドが含まれている商品もありますので、自然素材にこだわる場合は事前に成分を確認する必要があります。

漆喰は、自然素材ならではの安全性、快適さ、風合いを味わえる左官壁材です。ちなみに、古い土蔵やお城の壁が、漆喰で仕上げられているのを見てもわかるように、防火性が高く、固くて強いというのも魅力になっています。

しかし、漆喰の出来の良し悪しは左官職人の腕となりますので注意が必要です。

すこし余談ですが、もしよければ伊豆の長八美術館に、江戸時代の天才左官職人といわれた入江長八の鏝絵の作品が展示されています。また建物は建築家石山修武氏の設計で、日本中から集まった漆喰職人たちが腕をふるった見事なものですので、一度ご覧になってみてはいかがですか。