タグ別アーカイブ: 地震対策

ガラスや小物による被害対策

大地震が起きると、家具などの横転による被害もそうですが、食器棚や吊戸棚の扉が開いて中のモノが飛び出し、それらに当たって大怪我をするということも考えられますし、特に食器棚の場合、扉がガラス戸扉になっている場合が多くあります。ガラスが割れて床一面ガラスの破片だらけになってしまい。足の裏を切って大怪我をする場合もあります。よく報道で、地震直後は素足で歩かないようにスリッパや靴などを着用して下さいと言っていますが、日中ならそれも可能ですが、深夜などに地震が発生した場合、普通は慌ててそのまま歩いてしまいます。

まずは家の中の収納扉が、地震で勝手に開かないよう対策しておく必要があるのです。開き扉(観音扉)の場合でしたら、DIYリフォームで揺れを感知するとロックが掛かる耐震ラッチを取り付ければ、手軽に収納物の飛び出し防止をすることができるのです。ただし、これらはあくまでも補助的な金物ですので、家具本体をシッカリ固定して転倒防止対策をしておくのはもちろんですが、重いモノやガラス製品は低い位置に置くようにし、上部収納には軽いモノを収納するように、普段からの注意が必要です。

最近では地震対策に、収納リフォームの時に開き扉ではなく、引き戸を選択する考え方が増えてきています。たとえば、食器棚を引き戸にしておけば安全なだけでなく、狭い場所でも開閉しやすいというメリットもあります。

地震の際には、速やかに避難することが大切ですが、逃げる際に道を塞ぐ危険物になってしまうのがガラスの破片なのです。

サッシ窓、食器棚の扉など、家の中でガラスを使っている部分は多く、地震で割れて破片が散らばってしまうと、素足では歩けなくなってしまいます。そこでまずは家の中にあるガラスが鋭利な形に砕けないよう、飛散防止用フィルム(ホームセンターなどで販売されています)の着用や窓サッシはリフォームの際に、2枚のガラスの間に防犯フィルムを挟み込んだガラスに入れ替えるなどの工夫をしておくことが大切なのです。

自分で出来る地震対策リフォーム

阪神淡路大震災の時、家屋の倒壊はもちろんですが、屋内の家具などの横転による被害も少なくはありませんでした。つまり、建物に最新の耐震性能を持たせたからと言ってそれだけでは安全とは言い切れないのです。大地震による被害では、意外なものが凶器となり命を奪ってしまうケースが多くあるのです。

家の中での被害を最小限に抑えるために、地震で凶器になりやすい部分をチェックしておくことが大切なのです。

大地震では、大きな家具や家電製品による被害も目立っております。タンスが宙を飛んできた、ピアノが家の中で暴走して下敷きになったというケースも報告されております。こうした被害を少しでもなくすために、大きな家具類はDIYリフォームで動かないよう固定し、地震対策をしておく必要があるのです。

タンスや食器棚などの大型家具やテレビは、ホームセンターで売っている転倒防止金具を使えば、手軽に固定することができます。またピアノは、アップライトでも250㎏の重量がありますので、専用金物でしっかり固定する必要があるのです。

これらの大物家具の固定のポイントですが、固定する天井・壁・床自体の強度が重要になってくるのです。下地の入っていない石膏ボードや、5㎜程度の薄い下地用合板に留めても、すぐに抜けてしまったり壁が壊れてしまいますので、あまり効果がないのです。

柱の入った壁や、構造用合板を下地にするなど、強度が高い部分に直接留めるようにするのが最も効果的なのですが、実際クロスの張られた壁の中を見ることはできません。そこで石膏ボードの壁に突き刺して下地の有無を確認する下地チェッカーも販売されていますので活用してみて下さい。また、万一壁に下地材が無い場合は、お近くの工務店などに相談してみて下さい。

大きなタンスやピアノの側で寝るのは避けるとか寝室に大型の家具を置かないなど、日頃の注意も大切なのです。寝室や子供部屋の場合、壁面にしっかり固定して取り付ける造作による壁面収納にしておけば更に安心です。