タグ別アーカイブ: 和室

和室をプチリフォーム

畳をメンテナンスリフォームした際、イメージチェンジの主役となるのが畳縁なのです。裏返し・表替え・新畳とどの場面をとっても畳縁は新しいものと交換となりますが、このとき大半の方が適当に決めてしまうものなのですが、選び方次第で和室のイメージがガラリと変わりますので、こだわって選ぶことが大切なのです。

現在、畳縁に使われている素材は丈夫な合成繊維が主流となっています。色柄はモダンな和室に似合うような、無地や幾何学模様の他に、昔ながらの亀甲柄や、可愛らしい色使いの花柄などたくさんの種類がありますので、上手に選ぶコツは、和室は洋室とは違う色の組み合わせが生きる空間なのです。たとえば、洋服に色々な色を組み合わせると嫌らしくなることが多々ありますが、和服の場合、着物、帯、半襟などを色柄の違う組み合わせで着ると華やかさや豪華さがでます。和室もこれと同じで、壁・襖・畳縁を色々な色で組み合わせることによりシックな感じからモダンな感じまで色々と楽しむことができるのです。

畳の表替えや新床への交換の際に、カラー畳や半畳にすれば和室のイメージを大きく変えることができるのです。

ちなみにカラー畳とは、畳表をグレーやベージュなどカラフルに染めたものです。また、半畳とは半分の大きさの正方形の畳で、縁なしで使うと部屋を広く見せる効果もあるのです。カラー畳や半畳は共に、モダンな和空間を作るのに欠かせないアイテムなのです。

畳を入れ替えるときなどに、床暖房も考えるチャンスでもあるのです。ただし、床暖房用の畳は、普通の畳より薄いタイプが必要となります。また、掘りごたつや床下収納などを設置するにもよい機会と言えます。

このように、畳のメンテナンス時は、一緒にできるリフォームがたくさんありますので、よく検討することがポイントとなります。

和室を完全に洋室に

リビングなどの続きに和室がある場合、畳をフローリングにするだけではなく、和室を完全に洋室に変えるには、白木の柱を隠す壁を作る、天井を作り変える、ドアやサッシ、収納の枠まわりなどの工事が必要となりますので、思ったより費用が掛かるのです。

和室を洋室に変更するリフォームを希望する場合、床だけをフローリングにする部分リフォームと、完全に洋室にする全体リフォームの2種類の見積もりを取り、部屋の使用目的によって比較検討するのがよいと言えます。ただし、マンションの和室の場合、柱は後付になっていたり、壁や天井が壁紙(クロス張り)になっていることが多くありますので、工事は比較的簡単に行える場合もあります。

和室に敷かれている畳の厚みは約5㎝、それに比べフローリングの厚みは1.2㎝ですから、そのまま張り直すだけでは段差ができてしまいます。畳とフローリングでは必要な下地組の形状も異なっていますので、フローリングにする場合は、床組も大切になりますので、後でフローリングのたわみが出てきたり、床鳴りが起きないように、床組はしっかりとやってもらうことが重要なのです。

また、他の部屋との境目に床の段差ができないように注意が必要なのです。敷居が出っ張るようなら、危険防止のためにも必ずやりかえてもらって下さい。

床の高さが変われば、収納や出入り口ドアの枠にも補修が必要となってきます。またそれに伴い、襖やドアのやり替えや補修が必要となることもありますので、まずはリフォーム業者に現場の下見をしてもらってから見積もりを出してもらうようにして下さい。口頭だけの見積もりの場合、後でこれもあれもというように追加が必要となり揉める原因にもなりますので、必ず下見を行ってもらうようにして下さい。

畳をフローリングに

和室の畳をフローリングにし、壁や天井はそのままで和室の雰囲気を残すリフォームの場合、費用は安くすみます。

意外に、和室の畳をフローリングにリフォームしたいという要望は多いのですが、どこまでリフォームするかで、その費用が変わってきます。もちろん畳だけをフローリングにリフォームし、板張りの天、塗り壁、白木の柱や枠はそのまま残す方法が一番手軽で安いのです。

この場合の一般的な工事方法は、畳を撤去した後、床組を行い、その上にフローリング材を張ります。また、畳の和室とフローリングの洋室では、壁と床との境目にある枠の作り方が違いますので、状況によってはそのまま利用したり、新たに幅木を取り付けるなどの作業を行います。

しかし、畳をフローリングする方法では、床だけが洋風になり、他は和室のままですから、床材の選び方によりアンバランスになってしまうことがあるのです。そのような時は、ヒノキやカエデ、松など和室に使われる床材や、和テイストのフローリング材を選べば、しっくりと馴染んでくれます。

和室全体の雰囲気を変えたいのでしたら、柱や枠まわりの白木のイメージを脱して、和室全体の雰囲気を一新させたい場合は、選んだフローリングに合わせて、柱や枠まわりを塗装するという方法があります。

たとえば、黒っぽく塗装すれば和モダン風や民芸風になりますし、オレンジ系なら明るい部屋になります。ただし、柱や枠まわりを塗装する時は、壁の塗り替えも一緒に考えることです。ただ、枠まわりは1回塗装すると元に戻すことができませんので、よく検討して色を決めることが大切なのです。

壁や床にも配慮

和室の壁や床も結構重圧感があるのも、和室ならではの持ち味なのですが、これが部屋を陰気くさくしている原因でもあるのです。和室の壁の色はベージュやモスグリーンになっていることが多くあります。そこで、和室の壁の色を暗色の墨黒・錆びたオレンジ色の弁柄色など、和の色が良く似合いますので、壁を塗り替えるリフォームをすれば、和室全体のイメージが大きく変わります。

和室の塗壁のリフォーム方法には、前の壁を剥がして新しく左官で仕上げる方法と、下地をつくって壁紙を貼る方法があります。和モダンなイメージにするのならば、ちょっと濃いかなと思うくらいが丁度よい感じなのです。

ところで、和室の床を畳みではなく、フローリングにしたいという話をよく聞きますが、壁や天井も全て洋室にリフォームするのは費用が掛かりすぎて大変なことになってしまいます。そこで床だけをフローリングを敷くという方法をとった場合、取っ手付けたような違和感のある部屋になってしまいます。

そんな時は、フローリング材の色を柱や天井の色とできるだけ合わせる方法があります。たとえば赤味が強い色合いを選んだり、つやが無いタイプを選ぶと和室によく合いますので、上手にまとめることができるのです。

また、柱や枠が古くて汚れている場合は、あく洗いという、薬品で洗う方法で見違えるように綺麗にすることができます。濃い色の床材にしたい場合は、柱や枠回りを同色に塗装する方法もあります。

和室のリフォームは、工事範囲によって費用の差が大きいのも特徴です。畳をフローリングにかえるだけのリフォームから、完全に洋室にしたい場合など人それぞれですので、和室だからこうしなくてはならないという決まりはありませんので、自由な発想でリフォームして下さい。

古びた和室がモダンな和室に大変身

全てのといってよいぐらいどこの家にもたいて1部屋は和室があるのですが、普段は殆ど使っておらず、カビ臭い感じがし、大半がタンス置き場と化しているのが現状なのです。

しかし、住まいの中で一番単価の高い部屋でもあるのです。通常洋室を作る場合、天井や柱は壁紙(クロス)で覆いますので、下地用の材料でこと足りますが、和室はこれらを表に見せるのです。そのため美しい木材が必要になるのです。また壁は手間のかかる左官仕上げされていることが多く、床は自然素材の畳が敷いてあるなど、和室の内装はとても高級仕上げとなっているのです。

そして和室は家の中でも陽当たりがよい場所に作られているのです。このように贅沢な部屋を有効利用しない手はないのです。そこで和室を簡単なリフォームで和モダンに変身して綺麗によみがえらせて、有効利用しようではありませんか。

ところで、和室を薄暗いと感じたことはありませんか?その薄暗さの原因は、障子にあるのです。障子は引き違い戸ですから、いつも半分閉まっている状態なのです。そこでこの障子を外して、明るく和モダンな空間に変身させましょう。

思い切って障子を外せば、和室全体が明るくなるのはもちろんですが、モダンなイメージにもなるのです。今ある敷居と鴨井をそのまま使って、取り付けるだけの簡単リフォームですので、DIY感覚でできるのです。障子のもつ存在感は大きいものがありますので、想像以上に効果があるのです。

また、障子と同じく、イメージを決める大きなポイントは襖にもあるのです。この襖を金色・藍色・朱色・ねずみ色などに替えることにより、雰囲気もガラリと変わるものなのです。とは言え、派手すぎて大奥みたいになるのも考えものですが。

このように障子や襖紙を替えるだけの手軽なリフォームで和モダンへのイメージチェンジを楽しむのもよいのではないでしょうか。

和の趣を出すリフォーム

普段は使うことがない和室をリフォームする際、固定概念を外すのも良い方法なのです。

和室を再生する場合、なにも畳敷きにこだわる必要はないのです。たとえば、竹のフローリング材に置き畳を敷いてみてはどうでしょうか。竹のフローリングは素足に気持ちよく、夏場も快適に過ごす空間となりますし、何よりも、和風なイメージを演出してくれますので、新しい感覚の和室に生まれ変わります。

窓にもひと工夫し、巻き上式の簾を取り付けることにより、より一層の趣を醸し出してくれます。

リビングをリフォームして、その一角に和風コーナーを設けるのですが、畳を和紙畳にすれば柔らかい雰囲気をだしてくれますし、周囲に砂利を敷き詰めることにより和の趣を盛り上げていきます。ここで、砂利を敷くなんて難しいと思うのですが、床の間に小さなコーナーをつくるなど、アイデア次第で実現することができるのです。

リフォームの際には、機能ばかりを追求してしまうと、家の中が窮屈な雰囲気になってしまいますので、一か所でもよいので、遊び心を加えたコーナーを作っておくと、住んでいて楽しい家になります。和の雰囲気を楽しむには遊び心も必要となります。

和室を考えるとき、トイレも和室のインテリアとして考えるのはどうでしょうか。よく、お客様が来たとき、洗面所は生活感があるので、できれば見せたくないという方も多いのではないでしょうか。そんな時、トイレの中に小さな手洗いスペースと鏡を取り付けておけば、お客様がお化粧直しや手を洗いたい時に、気がねなく利用することができます。

またこのトイレは、家族の動線と交差することなく、和室から直接行って頂くことができますので、お互い気まずい雰囲気にならずにすみます。

部屋別リフォームプラン・和室編

現在の住宅建築は洋風建築が多くなっていますが、それでも殆どの住まいには和室が残されています。和室は落ち着いた雰囲気を醸し出してくれ、心が落ち着く部屋でもありゆったりと寝転がり寛ぐ部屋でもあるのです。

しかし大半の方は、和室はあるけれども生かし切れていないというのが現況なのです。ほとんど使わないので納戸のようになっているという家も少なくはありません。しかし、和室は本来、家の中でもいい場所に作られていることが多くあり、自然素材たっぷりの贅沢な部屋でもありますので、そのまま放置しておくのはもったいないと思いませんか?

そこで、使わない和室を、和モダンな空間にリフォームして生まれ変わらせてはどうでしょうか。ちょっとしたことで現在風なイメージに生まれ変わらせることができるのです。

和室をリフォームする時、注目するのは建具なのです。和室の建具は襖や障子です。たとえば、障子をモダンなデザインの障子に入れ替えたり、外してシェードに交換したり、また、襖はシャープなデザインの襖紙に交換するだけで、部屋全体の印象がガラリと変わります。

また和室が納戸のようになっていて物があふれている場合は、まず初めに収納を考えるのです。たとえば、6畳の和室の場合、1.5畳を効率的な壁面収納にして、残り4.5畳をシンプルな和室にすれば、くつろぎのスペースとして使えますし、書斎や趣味の部屋としても活用することができるのです。さらに、家事室としても利用することができ、アイロン掛けをしたり、洗濯物を畳むスペースとしても利用することができるのです。

また、4.5畳のシンプルな和室は、客間としても十分利用することができます。このことから、和室を多機能のスペースとして生まれ変わらせることができるのです。