キッチンプランニングの基本(10)

キッチンをリフォームする際に、多くの方がシステムキッチンを取り入れています。システムキッチンは、加熱機器・シンク・水栓金具などの主な機能が組み込まれているキッチン部分と食器棚や食品庫・家電スペースなどの収納を目的とした周辺ユニットで構成されているのです。

プランニングの際には、キッチン部分のみを設置し、別に食品庫(パントリー)を設けたり、置き家具の食器棚を取り入れる方法もありますが、キッチン部分と周辺ユニットをⅡ列型に平行に配したプランや、キッチン部分の側面の壁を利用してL字型に設置したり、低めの周辺ユニットをダイニングとの間仕切りとすることもあります。

オープンなキッチンプランの人気が続いている理由は、ダイニングやリビングに目が届き、家族との会話を楽しみながら作業できる対面プランだけでなく、アイランド型や壁付けタイプなど、開放的なキッチンスタイルが定着してきています。

食事やくつろぎの場と空間的につながることで、システムキッチンは、インテリアとしての要素も重要なポイントになってきているのです。空間的なまとまりを感じることができるように、家具のようなデザインや扉材を揃えたシステムキッチンもみられるようになってきているのです。

周辺ユニットもキッチン部分とコーディネートできるタイプが揃っていますし、半透明の素材を用いて圧迫感を抑えた扉材、すっきりとした印象の天井までの引き戸などの提案もされているのです。

また、飾り棚を組み合わせり、照明に工夫を施すなど、見せることを意識したタイプもあります。

キッチン部分と周辺ユニットを組み合わせるメリットは、空間に統一感を得られるということなのです。また、空間に合わせて高さや奥行きを選ぶことができますので無駄なスペースが生まれないということです。さらには、壁付けタイプであれば地震の際に倒れず安心なことなどを挙げることができます。

いずれにせよ、家族構成やライフスタイルといったことを念頭において、プランニングすることが大切なのです。