キッチンプランニングの基本(3)

キッチンを考えるとき、ダイニングやリビングとの繋がりも考慮していくうえで、インテリアを左右するのが扉材なのです。扉材は価格にも大きく影響するパーツでもありますので、扉表面は、木製・塗装・オレフィンシート・ポリ合板・強化紙貼り合板・メラミン化粧板などがあり、それぞれ、メーカーや商品によって表面加工や仕上げはさまざまで、選ぶ際には、色や素材感などをショールームで実物を見て確認することが大切なのです。

また、カウンターやシンクによってもキッチンの印象は大きく変わります。カウンターの素材としては、一般的にはステンレスが主流で最近では人工大理石も増えてきています。またメーカー独自の樹脂のものもあります。ステンレスは比較的、低価格で、熱や汚れに強いために実用性に優れている素材といえるのです。

ステンレス製の天板にはエンボス(表面に凸凹)加工が施されたものが一般的なのです。人工大理石は、ポリエステル系とアクリル系があり、一般的に普及しているのはポリエステル系で、耐水性に優れており、アクリル系よりも安価といえるのですが、アクリル系は、ポリエステル系に比べて耐久性や衝撃性に優れているのです。人造大理石は素材感や色など、メーカーによってその特徴は異なりますので、充分に比較検討することが大切なのです。

また、システムキッチンにはさまざまな機器が組み込まれ、取り入れるアイテムによって、作業の効率も変わってくるのです。

組み込まれるアイテムには、加熱機器や換気扇、食器洗浄乾燥機などがあります。そこで、組み込まれる機器についても考える必要があります。