キッチンプランニングの基本

新築やリフォームの際に取り入れるキッチン設備ですが、数多くのメーカーから、さまざまな商品が豊富に提案されています。いずれも性能や機能、デザイン性などが向上しており、使い勝手も高まっているのですが、この数多くあるキッチンの中から、間取りやライフスタイル、好みに合ったものを選ぶことは難しいものがあると思います。そこで、満足のいくキッチン選びをするためにはどのようにすればよいのか考えていくことにしましょう。

キッチン設備を選ぶ際には、まず、キッチン空間のプランニングを充分に検討することが大切なのです。家全体の間取りを考慮し、空間の広さはもちろんですが、ダイニングやリビングとのつながり、勝手口やサニタリーへの動線、窓から見える景色など、毎日の生活スタイルを考えながらプランニングすることが大切なのです。

空間のプランが決まってくると、おのずとキッチン(システムキッチンなど)の開口寸法も明確になってきますので、商品選びもより具体的に見えてくるのです。その上で、予算や使い勝手を考慮しながら、扉材やキャビネット(ユニット)、ビルトイン機器という順序で考えていくというのが失敗しないコツなのです。

多くの方が取り入れるシステムキッチンの場合であれば、間口サイズなどから基本(標準)プランを選び、扉やカウンター、水栓金具など、ひとつひとつ選択していくのです。シャールームなどでは、プランニングしやすいシュミレーションなども用意されていますので、設計者やアドバイザーと相談しながら、順序に沿って選ぶようにして下さい。

キッチンそのもののプランは、I型・Ⅱ型・L型・U型・アイランド型などに分けることができるのです。キッチン空間の広さやダイニング空間のつくりなどを考慮してどのタイプにするか検討することが望ましいのです。