玄関扉の基礎の基礎(8)

玄関ドアには電動で施解錠するものがあり、電池錠と電気錠があります。電気錠は、非接触式、リモコン式、テンキー式などに分けることができるのです。電波の作動範囲が電池錠よりも広いですので、鍵をポケットに入れておけば、近づくだけで解錠が可能なものや、モニターホン(ドアホン)と接続して操作可能なもの、室内のコントローラーやリモコンで施解錠するシステムなども提案されているのです。その他、暗証番号を押すことにより、解錠することができるシステムなどもあるのです。

玄関ドアを選ぶ際に重要なことは、防犯性能の高い製品を選ぶということで、その基準として、防犯性能の高い建物部品であるものを選ぶとよいでしょう。この製品は、防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議による防犯基準をクリアした製品のことで、既存製品に比べて防犯性能が高く、主にこじ開けやピッキングに5分以上耐える製品のことで、対象となっている建物部品は、玄関や勝手口、錠・シリンダー・サムターン・窓やガレージシャッターなどで、CPマークが表示されているのです。メーカーのカタログやショールームの展示品にはCPマークが付いていますので、商品を選ぶ際には確認するようにして下さい。

玄関ドアの鍵は、家族みんなが毎日使うものですので、ショールームで実際に操作して、その使い勝手を確かめることが重要なのです。お子さんや高齢者の方がいらっしゃる場合など、どのような操作方法が便利かをじっくりと検証することが大切で、オプションで設置する場合は、どのくらいの費用がプラスされているのか、事前に確認しておくことが大切です。

玄関ドアは住まいの顔であるとともに、住まいを守るという大切な役割もあるのです。決してデザインだけを重視するのではなく、機能性・防犯性を高めた商品を選ぶようにして下さい。