カテゴリー別アーカイブ: 価値

リフォームの価値は?

一概にリフォームと言っても色々あるのですが、リフォームの中には、大きな費用を掛けてもそれだけの効果が得られないリフォームや、他にもっと良い方法があるリフォーム、時にはリフォームすら必要の無いものもあります。

よく言われるのが、収納が足りないとか、部屋が片付かないという悩みで収納を作るリフォームに人気が集まっています。しかしこの収納を作るリフォームは、内容次第では無駄なリフォームになりやすく、費用を掛けてもその費用分の効果が出てこないことが多くあるのです。

たとえば、部屋が片付かない理由で多いのが、収納スペースが足りないのではなく、面積的には足りているのに、使いにくいから片付けしにくくなっているケースなのです。

それには、収納の奥行きが深すぎて、奥のスペースが活用されていないとか、収納の位置が高すぎたり、低すぎたりしている、収納の扉が邪魔で出し入れがしにくい、内部の棚が足りないため、物が積み重ねられているなどです。

出し入れしにくい収納の場合、いったん出したら出したまま或いは、入れたら入れたままになりがちなのです。このような状況のまま、収納の面積だけ増やすリフォームをしてもあまり効果がでないのです。つまり、使いにくい収納がいくらあっても、部屋は片付かないままのです。

収納をつくるリフォームの前に、まずいまある収納の見直しをすることが大切なのです。今ある収納の全てが100%活用できているか、また出し入れはどうなのかをチェックします。

使い勝手の悪い収納は、引出を取り付けたり、扉の開閉方法を変えるなど、使いやすい収納にリフォームするのが一番です。それでもまだ収納が足りない時に、初めて収納を作るリフォームを考えるようにします。その際に大切なことは、掛けた費用分の価値がある収納リフォームになるように、全ての空間をシッカリ活用できるプランを練ることが重要なのです。