カテゴリー別アーカイブ: マンション

マンションリフォーム(3)

中古マンションを購入してリフォームをする場合、床下と天井裏に空間があるマンションは、リフォームがしやすのです。たとえば、壁付けキッチンを対面キッチンにしたい場合、シンクや水栓金具の位置を動かしますので、それに伴って床下の給排水管も移動させる必要が出てきます。

これらの給排水管は床下を通してパイプスペースにつなぎこみますので、床下に空間の余裕が必要となります。同じように天井の照明器具を移動させる場合にも、天井裏の空間に配線を通しますので、空間が無いマンションでは配線が露出になってしまいます。

このように、床下と天井裏に空間の余裕のある二重床や二重天井になっているマンションを選べば、リフォームプランの幅が広がり、仕上がりもキレイになります。ただし、トイレの移動はできないことが多いので注意が必要です。

中古マンションでリフォーム費用のかさむ物件もありますので、事前にチェックが必要となります。

たとえば、床に段差の多い場合、床の高さを揃えるために新たに床組が必要となり、また新しい床の仕上げには、規定の防音性能が求められますので、その分リフォーム費用が高くなります。また、システムバスのサイズが特殊なマンションの場合は、システムバスを入れ替えるとき、特注が必要になったり、間仕切りを移動させて通常サイズを入れたりする必要がでてきますので、費用が余分にいりますし、北側の壁面にカビがひどい場合は、壁面の断熱リフォームが必要な場合が多くありますので、リフォーム費用を多い目に見積もっておく必要がありますし、またサッシ枠をチェックし、黒く腐食していたらサッシの結露防止のために、内窓の取り付けも考えなくてはなりません。

このように、マンションリフォームには、マンションならではの注意点があり、いったんトラブルになってしまうと大事になってしまうこともありますので、中古マンションを購入する場合は、事前のチェックが大切なのです。

マンションリフォーム(2)

手頃な中古マンションを購入してリフォームすれば理想の住まいを作ることができますが、色々な注意点もあるのです。

中古マンションは立地や広さの割に価格が手ごろですので、内部を自分の好みにすれば、ハード面・ソフト面ともに理想の住まいを作ることができるのです。

しかし、想像以上にリフォーム費用がかさんでしまい、結局新築マンションと変わらない費用が掛かってしまったり、制限が多く希望のリフォームが出来ないといった場合も多いのです。

中古マンションを購入して好みの住まいにリフォームさせるには、まずそのマンションがリフォームしやすいかどうかを、事前に見極めていくことが大切なのです。

中古マンションにも様々な構造があるのです。その構造次第で、間取りプランの変更リフォームができるかどうか決まるのです。

間取りプランの大きな変更リフォームが可能なのが、一戸がコンクリートの壁で囲まれていて、間仕切り壁が木(ボードなど)や軽量鉄骨でできているマンションなのです。この場合、間仕切り壁の移動ができますので、壁を全部取り除いてワンルームにすることや、室内窓をはめ込んだりするようなリフォームも可能なのです。

しかし、低層マンションの中には、間仕切り壁の多くがコンクリートでできている、壁式構造のマンションもあります。この場合、間取りの変更リフォームはほとんどできないことが多いですので、注意が必要です。

マンションリフォームの一番の基本は、“コンクリートでできている壁や柱、梁、床、天井は削ったり移動したりできない”と言うことですので、リフォームを前提でマンションを購入する場合は、希望の間取りプランにリフォームできるかどうか、事前に構造を確認しておく必要があるのです。

マンションリフォーム

マンションをリフォームするとき、どこまでリフォームできるかご存知ですか?たとえば、玄関ドアや窓サッシはリフォームできるのでしょうか?あるいは、壁を移動して間取りは変えられるのでしょうか?

マンションは区分所有法という法律に沿って作られた管理規約と使用細則というものがあり、住人はそれを守る義務があるのです。また、リフォームについても書かれているのですが、個人でリフォームする場合、リフォームできる範囲はマンションの専有部分なのです。つまり、コンクリートで囲まれた内側の居住部分だけなのです。

マンションには、専有部分と共用部分とがあるのです。専有部分とは。玄関の内側からサッシの内側までの居住部分で、コンクリートの壁・床・天井・柱の内側で、床下や天井裏、間仕切り壁なども専有部分に属しますので、個人でのリフォームが可能なのです。

個人でリフォーム出来ないのが、共用部分なのです。共用部分には、コンクリートで作られた壁・床・天井・柱などマンションを支える構造部分や、共同で使用するエレベーターや廊下、パイプスペースなどです。

室内に設けられている、部屋と部屋とを仕切っている薄い間仕切り壁は移動可能ですので、たとえば、古いマンションを購入して、間取りを変えて仕上げも全て新しくすれば、見違えるような空間にすることが出来るのです。ただし、床の防音規定などの規約を守ることが大切ですし、また間仕切り壁であってもコンクリートでできている壁は移動することはできませんので注意が必要です。

各住戸には、ベランダやサッシは共用部分と定められていますので、個人ではリフォームすることができませんが、居住者が専用に使っていますので専用使用部分と呼び、割れたガラスや鍵の交換、網戸の張り替えなどのメンテナンスは居住者が行うのが一般的なのです。

また、玄関ドアも専用使用部分ですので、個人でリフォームすることはできないのですが、内側の塗装に関しては工事を認めているところもあるのです。