カテゴリー別アーカイブ: 建具

室内ドアの機能とは(3)

近年のペットブームで、室内で犬や猫とともに暮らす家族が増えてきています。そのペットたちが、部屋に入るときや出ていく時などいちいち扉を開けたり閉めたりと面倒な動作が必要となります。また真夏の冷房時や冬場の暖房時には冷気や暖気がそのたびに逃げていってしまうという経験はありませんか?そこで、ペットたちが自由に動き回れるように工夫されたペットドアも最近豊富になってきました。

ペットドアは、建具にペット専用の小さなくぐり戸がついているドアのことで、ペットが出入りするたびにドアを開閉する必要がないのです。選ぶ際には、くぐり戸部分のサイズ、ストッパーなどの使い勝手も確認することが大切です。折角ペットドアに交換してもサイズが合わなければ意味がありませんので注意して下さい。

住まいをリフォームする方が増えてきています。そこで、リフォーム時に設置しやすい建具も多くみかけるようになりました。既存の開口部に後からでも施工しやすく、空間に馴染むような工夫を施したものなどがあります。このリフォーム向けの建具は、施工が簡単ですので、工期も短いのが特徴といえるのです。その他、建具の上部が独立して開閉できる災害対応の開き戸などもあるのです。上部だけが開きますので、地震で倒れた家具など足元に障害物があっても開放できるのがメリットなのです。

室内ドアは、デザイン性だけではなく機能性も重要になってきているのです。その空間での暮らし方や過ごし方を考慮して、必要に合わせた機能を取り入れるようにするのがコツなのです。いずれにしても、具体的な機能は、ショールームで確認することが大切で、直接触れて操作し、自分や自分の家族にあった使い勝手のよいものを選ぶようにして下さい。

室内ドアの機能とは(2)

住まいには換気がとても重要なのです。そこで、住まいの中に自然の風の通り道を確保することができる建具(扉・戸)も増えてきているのです。建具にルーバーなどを組み込んだり、欄間を組み合わせることが可能なタイプがあります。このような建具の場合、建具を閉めたままでも風を取り込むことができるとともにプライバシーも確保することもできるのです。

換気や通風が可能であるということから、湿気がたまりやすいトイレや洗面室など湿気がたまりやすい水回りには最適なのですが、ルーバーなどによって部屋の中の気配を感じることができますので、子供部屋などに取り入れてもいいといえます。

建具にもユニバーサルな考え方が必要な時代になってきたのです。高齢者の方や小さなお子さんでも使いやすく、安全に使えるような工夫を施した商品も多くみられるようになってきたのです。たとえば、2枚(3枚)連動のタイプの引き戸は、車椅子に座った方でも開閉しやすいですし、上吊りで床面がフラットになるタイプであれば、車椅子も通りやすく躓くといった心配もありませんので安心です。

少し開けば自動で全開し、自動で閉まる機能や自動でゆっくりと閉まる機能などをもった建具も増えてきているのです。こうした建具は、閉め忘れを防ぎたい場所や閉まるときの衝撃音を押さえたい場所などに向いており、また、高齢者の方の部屋や開けっ放しが気になるダイニングやキッチンなどに最適なアイテムの一つです。

その他、トイレや洗面などでは、緊急時に外から開けることができる機能を持つタイプや、浴室につながる洗面などにはチャイルドロックを取り付けられるタイプもよいといえるでしょう。

室内ドアの機能とは

室内で用いる扉や戸などの建具にはさまざまなタイプがあるのです。リビングや寝室、洗面所・トイレなどの出入り口には、開き戸・引き戸・折れ戸などの室内建具を設置するのが通常です。プランニングの際には、日々の使い勝手を考慮して、使用する場所、部屋にあったタイプの建具(扉や戸)を選ぶことが大切なのですが、建材メーカーからは、一般的な建具だけではなく、さまざまな機能や特徴を持たせた建具が提案されているのです。そこで、機能を持たせた建具について考えていきましょう。

機能を持つ室内建具(扉や戸)といえば、防音ドアを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ひと昔前はピアノを置くのが主流でしたが、現在ではテレビの大型化が普及しており、映画などを観賞できるオーディオルームが多くなってきていますので、それに向く防音ドア商品の種類も増えてきており、デザイン性の高いドアも豊富になってきているのです。

また、本格的な防音ドアだけでなく、日常の生活騒音が気にならない程度の遮音・防音効果のある建具も各社より提案されており、受験を控えたお子さんがいるご家庭や高齢者のいるご家庭にはお勧めのドアなのです。また最近では、開き戸(ドア)だけでなく、引き戸タイプでもみられるようになってきましたので、寝室や書斎はもちろんですが、子供部屋やトイレなどにも最適ですし、介護を必要とする高齢者の方が居られるご家庭では、引き戸タイプでしたら開口部も大きくなり車椅子での移動も楽に行うことができ、また日常のささいな音を遮音してくれますので、ゆっくり休んでいただけるような設計となっているのです。

また、子供部屋に設置した場合、周りの音に悩まされずに勉強に集中することができますので、受験を控えたお子様が居られるご家庭にもお勧めしたいアイテムなのです。

室内扉の基礎の基礎(2)

日常何気なく使っている建具ですがいろいろな建具あるのです。一般的によく使われている開き戸や引き戸、折れ戸といった種類があるのです。
引き戸ですが、引き戸といえば以前は和室に隣接していたり、狭い空間で開き戸が設置できない場合に用いるものでしたが、最近では、デザインバリエーションも増え、洋室でも多く用いられるようになりました。スタイルは、片引き戸、引き違い戸、引き込み戸、引き分け戸などに分類することができるのです。

設置するためには壁面が必要となりますが、横にスライドさせるため、開き戸のような開閉スペースがとられないので、部屋を広く使えることや通風を確保しやすいこと、開閉動作が楽なことなどがメリットなのです。また扉をあけておけば、部屋を連続させて使うことも可能ですし、空間に変化を持たせることもできるのです。

折れ戸は、丁番などで連結させた扉を折りたたんで開閉するタイプで、開き戸よりも開閉スペースが少なくてすむ形状となっていますので、トイレや洗面所、浴室などの水回りや廊下などの狭い空間で収納扉などに用いられることが多いタイプといえるのです。
折れ戸の場合、開閉がしやすいかどうか、小さなお子様がいる場合などは、指を挟む原因となりますので、怪我のしにくい工夫がされているかどうかも確認しておく必要があるのです。

素材としては、樹脂シート貼り、突板仕上げ、無垢材などの木質系のほかにアルミなどの金属系の商品提案もされています。
最近主流となっているのが、樹脂シート貼りで、合板やMDFなど木材繊維に接着剤を添加し、成形した建具を下地として、木目などの模様を印刷した樹脂シートを張ったもので、柄やデザインが豊富なのが特徴といえるのです。また、天然木を薄くそいだ板(単板)を合板やMDF下地に貼ったものもあり、肌触りのよさや木目の美しさなどが魅力的なのです。

室内扉の基礎の基礎

扉には玄関用と室内用があるのです。室内で用いる扉(建具)にはいろいろなタイプのものがあるのです。毎日の使い勝手を考慮して、使用する場所や部屋に合わせてその間取りにあった機能やデザインを選ぶことが大切なのです。そこで、室内建具について考えていくことにしましょう。

リビングや寝室、洗面所・トイレなどの出入り口に用いる室内建具には、さまざまなタイプがあるのです。空間に合わせてオリジナルで造作する場合もありますが、各建材メーカーからは豊富な商品バリエーションが提案され、ショールームなどで確認しながら選ぶことが可能なのです。いずれにしても、日々の使い勝手を考慮して、使用する場所や部屋にあった開閉方式や機能・デザインの建具を選ぶことが大切なのです。

室内建具を開閉方法でみてみると、開き戸・引き戸・折れ戸の3つに分類することができるのです。開き戸は一般的な洋室で最も多く用いられているスタイルで、1枚ドアを開閉する片開きや2枚のドアを開閉する両開き、大小2枚のドアを持つ親子ドアなどがあるのです。  開き戸の場合は、ドアの開閉部分のスペースが必要となりますので、使い勝手に合わせて幅やサイズ、内開き外開き、左右どちらを吊元(丁番が付いている方)とするかなどを検討することと、動線を妨げず、危険のない開閉方法とすることがポイントとなるのです。

たとえば、ドアを取り付ける部屋が廊下や階段付近に接している場合、廊下を歩く人にぶつからないように内開きとするか、設置する位置に工夫するなどの配慮が必要となるのです。また開き方によって、照明スイッチがドアの後ろになり使いづらいといったこともありますので、具体的な動きをイメージしながらプランニングすることが大切なのです。

通風建具の種類と特徴

通風建具にはいろいろな種類があります。ドアの上部にランマが付いているランマ付ドアは、ランマ部分に開閉機能がついているのです。

ドア本体は開けずにランマの開閉によって風を通しますので、プライバシーを守りたい個室や洗面室に適しておりますし、また窓が1か所しかない部屋に取り付ければ、廊下経由で風を採りこんだり、部屋上部に溜まった暑い空気をスッと排出することができるのです。

吹き抜け上部などに取り付ける通風窓は、室内の間仕切り壁に取り付ければ、窓を開閉させることにより風を通しますし、吹き抜け上部に設ければ、暖められた空気を効率的に排熱します。また窓が小さな部屋の壁に取り付ければ、隣接した部屋を介して、風はもちろんですが、光も取り入れることができますので、より明るく快適な空間をつくることができるのです。

通風建具を用いることにより住まいにどの程度の効果があるのかですが、通風建具を上手に活かし、家の中に風の通り道をつくることで室温がさがるのです。さらに秒速1mの風で体感温度は1℃下がると言われていますので、夏でも四六時中エアコンに頼ることなく、涼しく快適に暮らすことができるのです。

ただし、梅雨の時期に外気を取り入れると、室内の湿度が高くなる恐れがあり、また、猛暑・梅雨・厳冬といった時期は、室内の冷暖房の効率を高めるために、空気を攪拌させ、室内同士の空気の流れを、ドア上部の開閉可能なランマなどを利用して通風を図ると効果的なのです。

風通しが悪い住まいは、湿気や臭いはもちろんですが、アレルギーの一因といわれる浮遊カビを含んだ空気がこもりがちになります。風通しを良くすることで、これらはスムーズに排出されやすくなり、自然の爽やかな空気を取り入れやすくなるのです。