カテゴリー別アーカイブ: 減築

完成形を目指すリフォーム(3)

子供も独立して広い家に夫婦2人で暮らしていると、掃除やメンテナンスに時間もお金も掛かります。そこで、減築というリフォームが注目されているのです。

減築とは増築の反対で、家を小さくリフォームすることです。最近注目されているのが、減築リフォームによって終の棲家を作るというスタイルなのです。でもなぜわざわざ家を小さくするのかということを考えていき、それによるメリットは何なのかも一緒に考えていきます。

減築とは家を小さくすることなのですが、なぜわざわざ広い家を小さくするリフォームをする人がいるのでしょうか。実際に減築リフォームをした人に聞いてみると、子供が巣立って子供部屋があった2階が空き部屋ばかりになり、これから歳を重ねるにつれて、家のメンテナンスも大変になってきた。また、古い家だったので耐震性を高めたかったし、なにより住み慣れた我が家に住み続けたいと願っているなどでした。

高齢化に従って、一軒家を維持するのが大変になり、ワンフロアで暮らせるマンションへ引っ越す人もいるのです。そこで、住み慣れた我が家を老後も暮らしやすい家にするため減築リフォームをおこない、コンパクトで暮らしやすく、階段の上り下りも要らない、地震にも強い家にすることなのです。

しかし、減築リフォームと言っても、様々な形があり、2階建てを平屋にする減築リフォームや大きな建築面積の家を小さくする減築リフォームもあるのです。家を小さくすることで何がメリットなのでしょうか、家が小さくなれば当然維持費も安くなり暮らしやすくなるのがメリットなのです。

家を小さくするというと何だかもったいないような気がするのですが、多人数用の住まいに少人数で住み続ければ、それだけ負担が大きくなるのです。今後は、老後をより快適に暮らすために、住み慣れた我が家を減築リフォームで終の棲家にするというケースも増えてくると思われます。

減築リフォームの考え方

リフォームにも色々あり、増築リフォームや改築リフォーム、プチリフォームなどがありますが、減築というリフォームもあるのです。減築とは増築の反対で、家を小さくするリフォームのことで、最近注目されているのが、減築リフォームをして終の棲家を作るというスタイルなのです。

減築は家を小さくすることなのですが、なぜわざわざ広い家を小さくするのか疑問に思う方が多いと思います。減築して家を小さくしてメリットがあるのでしょうか。そこで、減築の考え方として、高齢化に従って、一軒家を維持するのが大変になるのです。中にはワンフロアで暮らせるマンションへ引っ越す方も増えています。

老後を住み慣れた我が家で暮らしたいという思いから、老後に暮らしやすい家にするために、コンパクトで、階段の上り下りも要らない、また地震に強い家にするといったことで減築を行うのです。

減築リフォームといっても様々な形があります。たとえば、2階建てを平屋建てにしたり、大きな建築面積の家を小さくする減築リフォームもあるのです。

減築リフォームのメリットってなんでしょうか。家が小さくなれば当然維持費も安くなります。その他にも、面積が小さくなれば生活動線が短くなり暮らしやすくなったり、掃除や風通しなど管理もしやすくなりますし、家の維持メンテナンス費用や固定資産税なども安くなります。さらには家の耐震性能を上げることができるのです。また、家の隅々まで目が届きますので、防犯性能も高まり、隣家と距離を取りやすくなりますので、明るく風通しのよい暮らしができるのです。

家を小さくするという行為はなんだかもったいない気はするのですが、多人数用の住まいに少人数で住むとなると、それだけ負担も大きくなるのです。

それより、住み慣れた我が家に住み続けることができるという喜びがあるのです。