カテゴリー別アーカイブ:

断熱扉の特徴(2)

住まいの断熱性能を高めるためには窓や扉といった開口部の断熱も大切な要素のひとつとなります。
一概に断熱扉といっても、扉の構造によって断熱性能は異なりますので、次世代省エネルギー基準(住宅の断熱や気密、冷暖房についての基準)の、どこの地域に適合しているのか確認し、地域条件に応じた断熱仕様のドアを選ぶことが基本となるのです。

建材メーカー商品の断熱扉といえば、鋼板の製品が主流となっていますが、輸入品などには木製の断熱ドアもあります。いずれも比較的重量のあるタイプが多いですので、ショールームなどで、実物を開け閉めするなどして、使い勝手を確認することをお勧めします。
断熱扉のデザインバリエーションも豊富になってきており、ナチュラルなタイプのものから、モダンなデザインまで多種多様にあります。また、木目を表現した高級感のあるものからシャープなデザイン、風を取り込む機能を持つタイプなどもあります。

断熱扉はドアタイプだけでなく、引き戸タイプの商品も充実しておりますが、断熱性能に関しては制約がありますが、デザインも豊富に揃っており、開閉スペースを取らない引き戸タイプは、玄関まわりに十分な空間をとることができない場合や駐車場スペースを兼ねている場合などに向いているスタイルといえるのです。

最近では、リフォームに対応した商品も増えてきていますので、既存の玄関サイズに合わせやすく、外壁工事をせずに、短工期で設置することができるのです。また一日で設置できるタイプもみられるようになってきたのです。
注意が必要なのは、住まいの顔とも言われる玄関扉ですので、外観のデザインや門扉などとのコーディネートも大切ですし、防犯面も確認しておかなければいけないのです。そういったことから設計担当者と綿密に打ち合わせえを行い、居住する地域の気候に合わせたプランニングをすることが大切なのです。

断熱扉の特徴

住まいの断熱性を高めるには、断熱材を使うのはもちろんですが、窓や扉にも配慮が必要なのです。

近年の異常気象により、異常に気温が高い日が多くあります。そこで住まいの断熱性を高める必要がるのです。夏涼しく、冬暖かい快適な住まいをつくるためには、断熱材はもちろんですが、窓や扉といった開口部材選びはとても重要になってくるのです。そこで、断熱ドアの特徴などを考えていくことにします。

室内の熱を逃がさず、無駄なエネルギーを使用しないで快適な室内環境を保つために必要なのが断熱建材なのです。断熱建材には、壁や天井・床などに用いる断熱材と窓や扉といった開口部に用いる断熱開口部材、さらには、断熱工事に使用し気密性を高める気密補助材(防湿・気密フィルムや気密テープなど)があります。

断熱性能の高い住宅をつくるためには、断熱建材を用いて家全体を隙間なく包むことがとても重要ですが、断熱材を用いても、窓や断熱扉などの開口部に断熱建材を用いなければ、本来の効果は期待できなのです。開口部に用いる断熱窓(サッシ)は、比較的身近な建材となってきていますが、断熱扉(ドア)も各メーカーから多くの商品が提案されているのです。

断熱扉(ドア)とは、扉本体内部にウレタンなどの断熱材を充填したり、枠に断熱樹脂や気密時を用いるなどして、冷気や暖気の侵入や流出を抑える工夫を施したものをいいます。

一般的な扉よりも厚み(4060㎜程度)があり、扉に開口部(窓)を設けたデザインの場合は、複層ガラスや高断熱複層ガラスなどを用いて断熱・気密効果を高め、熱の伝わりを抑えているのです。また、断熱・気密性能とともに、遮音・防音性能が優れているのも特徴のひとつなのです。

玄関引き戸の良さ(3)

玄関を明るく演出することも大切なことなのです。また玄関は限られたスペースでもありますので、いかに開放的な感じにするかも視野にいれなくてはならいのです。

そこで、限られたスペースに開放感を生み出す工夫のひとつとして、袖部分にガラスを取り入れたデザインも多く見られるようになってきました。デザイン性だけではなく、複層ガラスや防犯ガラスなどが用いられ、ガラスとパンチングメタルを組み合わせたタイプもあるのです。

開き戸は断熱性や防犯性に優れており、引き戸に関しては不安を持つ人が多いと思いますが、最近の商品では、それらの性能を高めた商品も出てきているのです。アルミと樹脂を組み合わせるなど、素材や構造に工夫を施して、断熱性を確保したものなどもあるのです。また、開き戸と同様に、サムターンを動かしても解錠できないタイプやピッキングによる錠破りを防ぐための性能の高いシリンダーなども提案されているのです。リモコンやカードの電気錠システムなどを取り入れた商品もありますので、家族構成やライフスタイルに合わせて選ぶことが大切なのです。

その他、操作性を左右する引手部分もチェックしておきたいポイントなのです。玄関引き戸の場合、大型のバーやハンドルタイプが多くみられますが、室外側、室内側ともに、使いやすさをしっかりと確認することが重要で、最近では、少ない力で開閉できるものも増えてきていますので、実際に動かしてみることをお勧めします。

玄関だけでなく、勝手口にも利用しやすい引き戸もでてきているのです。敷地が隣家と接近していたり、自転車や物置を置いているためスペース確保が難しい場合などに向いているのです。引き戸は開口部を広くとれるメリットがありますので、いろいろな部位に採用することができますので、プランニングの際には是非検討してみてはいかがですか。

玄関引き戸の良さ(2)

玄関は住まいの外観を左右させる重要な部分でもありますので、素材や開閉方式などにも気を使う必要があるのです。

玄関の引き戸の素材には、開き戸タイプと同様に、金属製(アルミ・鋼板など)や木製があります。木製扉などオリジナルで製作する場合がありますが、メーカー商品としては金属製のタイプが主流となっているのです。また、引き戸には、開閉方法によっていくつかのスタイルがありますので、間取りや使い勝手、住まい全体のデザインに合わせて選ぶことが大切なのです。

開閉方法には、2枚の引き戸を左右どちらでも、移動させ開閉することができる引き違い扉があります。このタイプですが、格子を用いたデザインのものは、和風の住宅で多く見かけるタイプなのです。

また、1枚の戸を左右どちらかを滑らせて開閉する片開き戸があります。モダンなデザインの商品が多くみられるスタイルで、片袖部分にガラスなどを組み合わせて、採光を確保したタイプもあるのです。さらに、左右の壁側に引き込んでしまう、両引込み扉というのがあります。このタイプは、扉自体が壁に収納されるようになっていますので、広い開口部を確保することができますので、ベビーカーや車椅子が必要なご家庭には最適なスタイルといえるのです。

ベビーカーや車椅子が必要な生活を送られているご家庭には、出入りが楽なように下枠の段差を無くしたタイプや、自動で開くタイプなどもありますので、ライフスタイルや家族構成を考え、よく検討することが必要なのです。最近のデザイン傾向ですが、全体的にシンプルでモダンな、和洋どちらの外観デザインにも馴染むようなタイプが多くみられますし、スリットや格子、小窓などを取り入れたデザインの商品が提案されており、金属のシャープなイメージを強調したものや、木目のナチュナルな雰囲気をもつものなど、バリエーションも豊富になってきています。

玄関引き戸の良さ

住まいのイメージを左右するのが玄関まわりなのです。特に玄関扉は、そのデザインや素材などによって、外観デザインにも大きく影響するものなのです。選ぶ際には、デザイン性はもちろんですが、防犯性や断熱性など性能面にも配慮が必要となってくるのです。

玄関扉は、開き方によって、開き戸と引き戸に分けることができるのです。開き戸には片開き戸や親子ドアなど馴染みのスタイルが多いのですが、引き戸を設置する例も多くみられるようになってきたのです。スライドドアやスライディングドアなどとも呼ばれ、メーカーからさまざまな商品も提案されているのです。そこで、玄関引き戸の種類や特徴を考えていきましょう。

横にスライドさせて開閉する引き戸のメリットは、限られたスペースで、広い開口部を得ることができるということです。

開き戸の場合は、前後に開閉させるスペースが必要となりますが、引き戸の場合は、そのスペースが必要ないのです。たとえば、ポーチ部分が狭く開き戸の開閉スペースの確保が難しい場合、玄関扉を開けるとすぐに門扉があったり道路に面してしまうプランなどでは、引き戸の方が使い勝手が良いのです。カーポートスペースと玄関アプローチを兼ねるようなプランでも、引き戸とすることで、車のスペースに余裕が生まれて、荷物の出し入れになどが楽に行えるのです。

また、引き戸の場合、開け放しておいても扉が邪魔にならないのも特徴なのです。好きな位置で止めておくこともできますので、ドアストッパーの必要もありませんし、大きな荷物を持っていたり、ベビーカーなどの出入りもしやすいことも特徴のひとつなのです。

その他、開け放しておくことで通風を確保することができ、開ける幅によって取り入れる風量も調節ができるのです。さらに網戸を取り付ければ、夏場に室内に風を取り入れることもできるのです。

勝手口の扉選びの基礎(2)

勝手口ですが、昔はいろいろと重宝がられていましたが、現在ではあまり活用されていないご家庭が多いのではないでしょうか。そこで、使い勝手のよいドアスタイルを選ぶことが大切なのです。

勝手口扉には、各メーカーからさまざまなタイプのものが提案されており、開き戸が主流だった扉も引き戸タイプのものも多く販売されており、ドアの開閉スペースの確保など難しい場合などに適しているのです。開き戸・引き戸ともにデザインやカラーバリエーションも豊富に揃っており、外観やインテリアに合わせて選ぶことができるのです。

また、最近では、リフォーム向けの商品も充実しており、既存の開口部に合わせて施工することができるものや一日で工事が完了するものなどが各メーカーから提案されているのです。

勝手口は裏やキッチン・洗面所などの横に設置されることが多いですので、どうしても死角になりやすい場所になってしまうのです。そこで、防犯性にも気を配る必要があるのです。玄関扉と同様に防犯性の高い鍵を設定したタイプもみられますし、防犯ガラスを用いたり、面格子のついたタイプなどもありますので、設置した場所に合わせて選ぶことができるようになっています。勝手口扉は玄関扉よりも気配りが必要な扉なのです。

勝手口は住まいによっては不要なものである場合があるのです。たとえば、敷地の外に出るのに玄関が近い場合もありますし、リビングなどの掃出し窓を利用すれば庭にすぐに出られるケースなどがありますので、あまり深く考えずに、あった方が便利かなという感覚でプランニングするのがよいのです。つまり、日々の暮らしや動線を考慮して、必要な場所に使い勝手のよい形で取り入れるのが一番よいのです。自分の住まいに勝手口を設ける意味があるのか設けたときの使い勝手を明確にして、プランニングすることが大切なのです。

室内ドアの機能とは(3)

近年のペットブームで、室内で犬や猫とともに暮らす家族が増えてきています。そのペットたちが、部屋に入るときや出ていく時などいちいち扉を開けたり閉めたりと面倒な動作が必要となります。また真夏の冷房時や冬場の暖房時には冷気や暖気がそのたびに逃げていってしまうという経験はありませんか?そこで、ペットたちが自由に動き回れるように工夫されたペットドアも最近豊富になってきました。

ペットドアは、建具にペット専用の小さなくぐり戸がついているドアのことで、ペットが出入りするたびにドアを開閉する必要がないのです。選ぶ際には、くぐり戸部分のサイズ、ストッパーなどの使い勝手も確認することが大切です。折角ペットドアに交換してもサイズが合わなければ意味がありませんので注意して下さい。

住まいをリフォームする方が増えてきています。そこで、リフォーム時に設置しやすい建具も多くみかけるようになりました。既存の開口部に後からでも施工しやすく、空間に馴染むような工夫を施したものなどがあります。このリフォーム向けの建具は、施工が簡単ですので、工期も短いのが特徴といえるのです。その他、建具の上部が独立して開閉できる災害対応の開き戸などもあるのです。上部だけが開きますので、地震で倒れた家具など足元に障害物があっても開放できるのがメリットなのです。

室内ドアは、デザイン性だけではなく機能性も重要になってきているのです。その空間での暮らし方や過ごし方を考慮して、必要に合わせた機能を取り入れるようにするのがコツなのです。いずれにしても、具体的な機能は、ショールームで確認することが大切で、直接触れて操作し、自分や自分の家族にあった使い勝手のよいものを選ぶようにして下さい。

室内ドアの機能とは(2)

住まいには換気がとても重要なのです。そこで、住まいの中に自然の風の通り道を確保することができる建具(扉・戸)も増えてきているのです。建具にルーバーなどを組み込んだり、欄間を組み合わせることが可能なタイプがあります。このような建具の場合、建具を閉めたままでも風を取り込むことができるとともにプライバシーも確保することもできるのです。

換気や通風が可能であるということから、湿気がたまりやすいトイレや洗面室など湿気がたまりやすい水回りには最適なのですが、ルーバーなどによって部屋の中の気配を感じることができますので、子供部屋などに取り入れてもいいといえます。

建具にもユニバーサルな考え方が必要な時代になってきたのです。高齢者の方や小さなお子さんでも使いやすく、安全に使えるような工夫を施した商品も多くみられるようになってきたのです。たとえば、2枚(3枚)連動のタイプの引き戸は、車椅子に座った方でも開閉しやすいですし、上吊りで床面がフラットになるタイプであれば、車椅子も通りやすく躓くといった心配もありませんので安心です。

少し開けば自動で全開し、自動で閉まる機能や自動でゆっくりと閉まる機能などをもった建具も増えてきているのです。こうした建具は、閉め忘れを防ぎたい場所や閉まるときの衝撃音を押さえたい場所などに向いており、また、高齢者の方の部屋や開けっ放しが気になるダイニングやキッチンなどに最適なアイテムの一つです。

その他、トイレや洗面などでは、緊急時に外から開けることができる機能を持つタイプや、浴室につながる洗面などにはチャイルドロックを取り付けられるタイプもよいといえるでしょう。

室内ドアの機能とは

室内で用いる扉や戸などの建具にはさまざまなタイプがあるのです。リビングや寝室、洗面所・トイレなどの出入り口には、開き戸・引き戸・折れ戸などの室内建具を設置するのが通常です。プランニングの際には、日々の使い勝手を考慮して、使用する場所、部屋にあったタイプの建具(扉や戸)を選ぶことが大切なのですが、建材メーカーからは、一般的な建具だけではなく、さまざまな機能や特徴を持たせた建具が提案されているのです。そこで、機能を持たせた建具について考えていきましょう。

機能を持つ室内建具(扉や戸)といえば、防音ドアを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ひと昔前はピアノを置くのが主流でしたが、現在ではテレビの大型化が普及しており、映画などを観賞できるオーディオルームが多くなってきていますので、それに向く防音ドア商品の種類も増えてきており、デザイン性の高いドアも豊富になってきているのです。

また、本格的な防音ドアだけでなく、日常の生活騒音が気にならない程度の遮音・防音効果のある建具も各社より提案されており、受験を控えたお子さんがいるご家庭や高齢者のいるご家庭にはお勧めのドアなのです。また最近では、開き戸(ドア)だけでなく、引き戸タイプでもみられるようになってきましたので、寝室や書斎はもちろんですが、子供部屋やトイレなどにも最適ですし、介護を必要とする高齢者の方が居られるご家庭では、引き戸タイプでしたら開口部も大きくなり車椅子での移動も楽に行うことができ、また日常のささいな音を遮音してくれますので、ゆっくり休んでいただけるような設計となっているのです。

また、子供部屋に設置した場合、周りの音に悩まされずに勉強に集中することができますので、受験を控えたお子様が居られるご家庭にもお勧めしたいアイテムなのです。

室内扉の基礎の基礎(2)

日常何気なく使っている建具ですがいろいろな建具あるのです。一般的によく使われている開き戸や引き戸、折れ戸といった種類があるのです。
引き戸ですが、引き戸といえば以前は和室に隣接していたり、狭い空間で開き戸が設置できない場合に用いるものでしたが、最近では、デザインバリエーションも増え、洋室でも多く用いられるようになりました。スタイルは、片引き戸、引き違い戸、引き込み戸、引き分け戸などに分類することができるのです。

設置するためには壁面が必要となりますが、横にスライドさせるため、開き戸のような開閉スペースがとられないので、部屋を広く使えることや通風を確保しやすいこと、開閉動作が楽なことなどがメリットなのです。また扉をあけておけば、部屋を連続させて使うことも可能ですし、空間に変化を持たせることもできるのです。

折れ戸は、丁番などで連結させた扉を折りたたんで開閉するタイプで、開き戸よりも開閉スペースが少なくてすむ形状となっていますので、トイレや洗面所、浴室などの水回りや廊下などの狭い空間で収納扉などに用いられることが多いタイプといえるのです。
折れ戸の場合、開閉がしやすいかどうか、小さなお子様がいる場合などは、指を挟む原因となりますので、怪我のしにくい工夫がされているかどうかも確認しておく必要があるのです。

素材としては、樹脂シート貼り、突板仕上げ、無垢材などの木質系のほかにアルミなどの金属系の商品提案もされています。
最近主流となっているのが、樹脂シート貼りで、合板やMDFなど木材繊維に接着剤を添加し、成形した建具を下地として、木目などの模様を印刷した樹脂シートを張ったもので、柄やデザインが豊富なのが特徴といえるのです。また、天然木を薄くそいだ板(単板)を合板やMDF下地に貼ったものもあり、肌触りのよさや木目の美しさなどが魅力的なのです。